Pocket

今回も金属(スクラップ)のお話をさせて頂きます!

 

前回は、真鍮(しんちゅう)は売れるという話をさせて頂きました。

 

水道配管に付いているバルブも真鍮製の物が多く存在します。

 

真鍮はサビにくく、流体部分に使われているのをよく見かけます。色は金色に近い銅の色をしています。

 

こんな部材です。⬇︎

image




カランも表面のメッキを剥がせばその色が出てきます。

 

真鍮は、まだまだ色んな所に使用されているのですが、真鍮の話ばかりでは皆さんも面白くないでしょう。

 

更に身近な物を紹介します。

 

今の時代、大体一家に一台は車を所有していると思います。

 

車じゃなくても、燃料を補給し燃やして動かす物でもいいです。

 

その様な乗り物等には必ずバッテリーが存在しますよね。

image

そう、今回紹介したい金属は、自動車のバッテリーです。

 

皆さんが車に乗っていると、車検やなんやで車のバッテリー交換をする時があると思います。

 

大体、個人で処分出来ない物として、車屋さんや、ガソリンスタンドに処分していただく様に引き渡すのが一般的ですね。

 

でも、売れるんです。バッテリーは売れるんです。

 

大事なので2回言いました(笑)

image

image




というのはさておき、バッテリーは使えなくなっても価値があるんです。

 

何故価値があるかというと、バッテリーの中には鉛(なまり)が入っているからです。

 

軽自動車や普通車のバッテリーは、モノによりますが、10〜20キロくらいあります。

 

スクラップ屋さんでは、1キロ80〜120円位で買い取ってくれます。

 

アバウトな計算で、1千円〜2千円くらいにはなると思います。

 

要らないという人が居て、集めて持っていけばそこそこの値段になりますよ!

 

なので、バッテリー交換をする際は、

 

「バッテリーを使いたいと言ってる人が居る」

 

「自分で処分する」

 

など、理由を説明し、バッテリーは自分で持っておきましょう。

 

バッテリーは売らなくても、強めの電気を作れるので、私用で使いたいという人も沢山います。

 

例えば、200V電源の溶接機の電源にバッテリーを使う人とかもいます。

 

とにかくバッテリーは需要があり、お金にも変わると言う事を皆さんに覚えていて欲しいです。

 

今回は、この辺でやめておきます。

 

では、また近い内に更新します。

 

失礼しますm(_ _)m

 

金属には価値がある①

金属には価値がある③

金属には価値がある④

金属には価値がある⑤

金属には価値がある⑥

金属には価値がある⑦