image
主人公とメインヒロインの片割れ、西園寺世界(さいおんじせかい)がくっつき、幸せそうに登校する。途中の歩道橋で、主人公に裏切られた桂言葉(かつらことのは)がまちぶせる。桂言葉は、西園寺世界の首に鋸をかけて命を奪ってしまう。
という最終回なんですが、というのは、アダルトゲームが原作のアニメで、メインヒロイン二人と主人公の三角関係を描くもの。その修羅場っぷりがあんまりひどくて有名になったゲームです。
7月にはアニメ化され、最終回を迎えようとしていた昨日、唐突に別の映像に差し替えられました。理由は毎日新聞の記事にあるとおり、当日朝に起きた16歳の少女が父親を斧で殺すという京都の事件の直後であることを考慮して、ということのようです。
さて、放送中止になるほどのSchool Daysのエンディングとはいったいどんなものなのでしょうか。ネットを探してみると、20種類あるというゲーム版のエンディングの一部が見つかりましたので、ご紹介してみることにしましょう。
ただ、若干ネタバレになる上にけっこう血みどろなので、続きを読むのは注意してください。人によってはちょっとグロいと感じるかもしれません。
image
あんまりあちこちの女性に手を出す主人公に対して喝采が巻き起こったというエンディング、「我が子へ」。
SchoolDays 我が子へ (2/3)
西園寺世界、桂言葉はともに主人公の子供を妊娠する。しかし主人公が西園寺世界を罵倒する事を口にしてしまい、それを影で聞いていた西園寺世界が失踪。主人公と桂言葉と幸せに暮らしていた所に、失踪していた西園寺世界が戻って来て主人公の腹を包丁で刺して殺してしまう。

最も有名なエンディングがコチラ↓
「鮮血の結末」から。
SchoolDays 鮮血の結末
主人公とメインヒロインの片割れ、西園寺世界(さいおんじせかい)がくっつき、幸せそうに登校する。途中の歩道橋で、主人公に裏切られた桂言葉(かつらことのは)がまちぶせる。桂言葉は、西園寺世界の首に鋸をかけて殺してしまう。

そしてトラウマすぎる悲惨なエンディング、「永遠に」。
SchoolDays 永遠に
三角関係の末、西園寺世界を選んだ主人公。しかし、桂言葉は二人を幸せになんかさせないと言い、地上にいた二人の側にベランダから携帯電話を落す。直後、その携帯電話に注目した二人の目の前に、ニタリと笑った桂言葉が真っ逆さまに落ちて来る。主人公と西園寺世界は顔を会わせるたびに桂言葉の最期が目に浮かぶようになり、疎遠になる。
image
怖い、怖すぎます。昼ドラ顔負けのドロドロ感が見て伺える結末に、ゾッとしてしまいますね。

このようにゲーム版では悲惨なバッドエンドが用意されてるようで、またそれが話題になった作品ということもあり、アニメ版でもこれらのバッドエンドをアレンジして使用する事になるのでしょう。放送中止になったきっかけの事件を考えると、「鮮血の結末」か「我が子へ」のどちらかがベースになっているのだと思われます。
それにしても三角関係のもつれで人が死ぬなんて、二時間ドラマの世界だけかと思ってましたが、アニメやゲームでもあるんですねえ。くわばらくわばら。
もちろんハッピーエンドもたくさん用意されてるようですので、それは実際にゲームをプレイしてご確認ください。ただし18歳以上の方だけですよ。

※浮気する主人公を巡った泥沼ヤンデレアニメの「SchoolDays」 ですが、
主人公が登場ヒロイン全員と性行為をほぼ無修正で流しながら最後は妹と性行為して駆け落ちする「ヨスガノソラ」 というアニメもあります。
良かったら皆さんもチェックして見て下さい!
皆さんのお好きなアニメが有りましたら、是非コメント下さいね!
お待ちしております(^_^)
image