NEW!2016-09-20 16:21:14

テーマ:
Blog

三浦大輔・・・

今シーズン限りで・・・

引退します!

ヨ・ロ・シ・ク!!

引用元:アメーバブログ

三浦大輔投手プロフィール

1973年12月25日生まれ。奈良県福原市出身。市立高田商業高校卒業後1991年のドラフトで当時の横浜大洋ホエールズから6位指名を受けて入団。以後横浜ベイスターズ一筋に投げ続けてきた。

一軍デビューは1992年10月7日の対読売ジャイアンツ戦で打者6人を完璧に抑えた。翌1993年9月4日には広島東洋カープ戦でプロ入り初完封初勝利を上げている。1998年にエース番号の「18」に変更。名実ともに「ハマの番長」にのし上がった。2002年ごろには肘の怪我で苦しんだが、それでも「ハマ」一筋に愛しプロ野球では異例の6年契約を結んだ。

2004年に行われたアテネオリンピックでも日本代表選手として活躍し銅メダルを獲得している。2014年からは現役投手として活躍する一方で投手コーチも兼任し若手の育成にも努める。

投手としてはオーバースローから繰り出す平均球速139kmのボールに緩急のある変化球が持ち味。制球率も2.42と抜群でプロきっての技巧派投手として知られる。

トレードマークのリーゼントが特徴で「ハマの番長」の由来もここから来ている。三浦投手本人も大の矢沢永吉ファンとしてしられ皮のジャケットを着込みタオルを持参して永ちゃんのコンサートに足を運んでいる。

野球以外には競走馬「リーゼントブルース」の馬主としても知られていて日本中央競馬会の馬主登録もしている。

画像:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51bo2KIOB0L.jpg

 

ハマの番長ついに引退・・・

 

横浜DaNAベイスターズの三浦大輔が20日、今シーズン限りでの引退を発表。15時から記者会見を行い、インターネットでも生中継されました。「横浜に残ってよかった」「三浦大輔は幸せ者」「クライマックスシリーズ含め、1日でも長く現役で戦えれば」…そう話す顔に、悩みや悔いはないように見えます。三浦投手は、25年の現役生活にピリオドをうつことになりました。

 

引退理由は「勝てなくなったから」

 

三浦投手は引退を決めた理由として「勝てなくなったから」と明言。チームメイトには昨日の試合後まで伝えていなかったといいます。

背番号18番は、三浦投手の功績をたたえて『横浜ナンバー』と命名される。そして当面は欠番扱いにするようです。「この人こそふさわしい」と思われる選手が現れた時、球団・三浦投手が協議した上で引き継いでいく模様です。

三浦大輔投手の通算成績と年俸

 

登板:532試合 172勝181敗 勝率0.487 防御率3.56

タイトル:最高勝率(1997年) 最優秀防御率(2005年) 最多奪三振(2005年)

表彰:MVP4回 ゴールデンスピリット賞2007年など

年俸:1億2500万円(2016年/推定)

 

最後に・・・

 

今の今まで、横浜の顔であり続けた事。

数々の感動や記録を打ち立てた事。

引退は、本当に寂しいです。

言葉にしづらいですが、本当に有難うございました。