【速報】羽生結弦史上初のGPファイナル4連覇達成!宇野も3位!

フィギュアスケートのグランプリファイナル男子フリースケーティングが日本時間11日(現地時間10日)に、フランスのマルセイユで行われ、羽生結弦(ANA)が293.90点をマークし、史上初の4連覇を達成した。宇野昌磨(中京大)は282.51点で2年連続表彰台入りとなる3位。2位にはネイサン・チェン(米国)が入った。

羽生は冒頭の4回転ループを決めるなど序盤は安定感のある演技を披露したものの、後半は息切れ。4回転サルコウで転倒、3回転ルッツが1回転になるミスが出た。しかし後に滑ったハビエル・フェルナンデス(スペイン)、パトリック・チャン(カナダ)も点数が伸びず、逃げ切りに成功した。史上初の4連覇こそ達成したが、ミスが出たこともあり、演技後の表情はさえなかった。

転載:Yahoo

おめでとう羽生結弦!男子ショートプログラムで1位発進した羽生結弦は、フリーで187・37点を出し、合計293・90点で男女通じて史上初の4連覇を達成しました。
SPで今季世界最高得点を更新する106・53点で首位に立った羽生は、フリーでは187・37点で3位。SP5位の17歳のチェン=米国=が197・55で追い上げたが、11・05点差で逃げ切ったという結果です!