【必見】細マッチョ女子になりたい方へのトレーニング方法!【腹筋編】

ダイエット・美容
Pocket

腹筋を鍛えて脂肪を落とす

腹筋を鍛えるには、インナーマッスルと、アウターマッスルをどちらも鍛える事をお勧めします。
インナーマッスルとは最近良く耳にしますが、表にでていない体の内側の筋肉で鍛えるのが難しいものでもありますが、ぽっちゃりおなかを解消するにはインナーマッスルを鍛えるのが一番の近道なのです。
インナーマッスルを鍛える事で姿勢が良くなり、下がった内蔵が上がることでぽっこリおなかをスリムにし、さらに代謝があがり脂肪の燃焼をしやすい体にしてくれるのです。
また、ウエストはアウターマッスルを鍛えるだけでは細くなりません。
ウエストシェイプにもインナーマッスルを鍛えることが必要です。

インナーマッスルを鍛えるほか、脂肪燃焼にはジョギング等の有酸素運動が効果的です。
有酸素運動は腹筋のみならず、全体的に引き締まったボディをつくる為にも有効ですので、是非実践して欲しいトレーニングのひとつです。

インナーマッスルを鍛えるポイントは低付加・長時間

インナーマッスルを鍛えるには代表的なものでアブドミナルスクイズがあります。
アブドミナルスクイズは複式呼吸によりインナーマッスルである腹横筋を鍛えるものです。
ひざを立て、仰向けに寝て鼻からゆっくりと息を吸い下腹部に空気を送り、ゆっくりとはいておなかの空気をすべて出すように意識します。これを20回/セットで2~3セット行うようにします。

また、インナーマッスルを鍛える方法としてヨガも有効です。
他にも器具を使った方法等いろいろありますが、どれも簡単で自宅でできるものがほとんどです。
インナーマッスルはアウターマッスルと違い、邸負荷・長時間がポイント。

自宅でのリラックスタイムも兼ねてゆっくりと実践してみましょう。

鍛える→落とすの順序で割れた腹筋を手にいれる

ぽっこリおなかを解消するのはインナーマッスルですが、割れた腹筋を手に入れるにはアウターマッスルを鍛えることが必要です。腹筋が割れているように見える部分は腹直筋というアウターマッスルです。
アウターマッスルを鍛えるにはクランチやプレスシットアップ等の高負荷トレーニングが必要です。

また、割れた腹筋を手に入れるには筋肉を鍛える→脂肪を落とすの順序が非常に大切です。
なぜかと言うと、脂肪は筋肉の材料になるので先に脂肪を落としてしまっては筋肉を育てるにはとても効率が悪いのです。

しかし、筋肉を育てるだけでは引き締まった腹筋を手に入れる為には近道とはいえません。
一見腹筋が割れていない様に見えるおなかでも脂肪に隠れているだけと言うことが実は多く、脂肪を落とす事で割れた腹筋が現われるのです。
それなら脂肪を全部筋肉にかれば良いのでは?と思うかもしれませんが、脂肪を筋肉にかえるには時間がかかりますし、ある程度腹筋を育てたら、次は脂肪を落とすのが効率的といえます。

コチラもご覧下さい↓

【画像あり】細マッチョ女子になりたい人急増中!細マッチョの定義は?

細マッチョ女子の画像を集めてみました!異彩を放つ肉体美

細マッチョ女子の画像を集めてみました!異彩を放つ肉体美②

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。