Pocket

体重80キロの土佐犬、行方不明に 青森・六ケ所村

image

23日午前7時20分ごろ、飼っている土佐犬1頭の行方がわからなくなったと、六ケ所村尾駮の無職男性(72)から野辺地署に届けがあった。署によると、この土佐犬は体長約1・30メートル、体重約80キロのオス。男性は複数の土佐犬を飼っているが、午前6時半ごろに自宅敷地内にあるおりを確認したところ、1頭がいなくなっていることに気づいたという。県警がヘリなどで捜索しているが、同日夕現在、行方はわかっていない。県警は六ケ所村や横浜町に広報を依頼するなどして住民に注意を呼びかけている。

掲載元Yahoo

 

これは、凄く恐ろしいですね。

大きな事件を起こさなければいいですが・・・

早く解決する事を切に願います。

 

大人の土佐犬と子供の土佐犬

 

大人の土佐犬画像

2008年10月、大阪府にて放し飼いの土佐闘犬が小学生と郵便配達員を襲い、重傷を負わせる事件が発生。飼い主は重過失傷害容疑で逮捕された事件。

2009年2月、愛知県稲沢市にて土佐闘犬が通行人や飼い犬を襲い、重傷を負わせる事件が発生。現場に駆けつけた警察官も軽傷を負い、土佐闘犬は警察官に拳銃で射殺された。また、警察官を襲った際、ミニパトカーの中にも侵入した。

やら、その攻撃性から何かと恐れられている土佐犬ですが、子供の頃は、こんなにかわいいんです。

子供の土佐犬画像

だからと言って、土佐犬が苦手な方も、土佐犬を好きになってほしいというわけではありません。

が、土佐犬は、、闘犬としての文化があります。

本当に土佐犬を戦わせている場所があるんです。

良ければその戦いを見てみる事もまた一興かもしれません。

 

桂浜観光でぜひ訪れたい!高知の「土佐闘犬センター」

 

犬を闘わせるなんて、という方もいらっしゃるとおもいます。しかし、これはひとつの格闘技で文化なのです。土佐犬たちは本気なんです。
土佐犬はいろんな外国の犬と交配をさせ、闘うための犬として愛され守られてきました。ちなみにブルドッグの血も混じっているんだそうです。

顔を見るとなんだか納得できます。

子犬(といってもかなり大きいです)とのふれあいタイムもあります。

肉球ぶにぶにです。皮のびのびです。甘がみされまくりです。飼育員さんからいろんなお話を聞くことが出来ます。

なかなか興味深い生態を知ることが出来ます。あのイカつい顔の土佐犬がだんだんかわいらしく思えてくるから不思議です。
そして別料金でたった1試合ではありますが、実際に闘っているところを観戦することもできますよ。

別料金でたった1試合と言えども、決して損だとは思えないほどの、ものすごい迫力です。「最前列の方はよだれや血が飛ぶこともあります」という注意がなされるほどなんです。
そして勝敗の決まり方にも注目。闘犬は相撲ではないですし、決して傷付け合いや殺し合いが目的ではありません。そしてやはり犬ですから、ルールが独特です。このあたりはぜひ直接見て体験して頂きたいです。
ちなみに周りのお客さんの会話に聞き耳を立てていたところ、地元の方もあまり立ち寄らない場所のようで、穴場スポットのようです。確かに坂本竜馬先生ばかりが注目される場所ですし、実際規模も小さいのですが、内容はかなり濃いです。
また、JAF会員証で割引があるほか、完全バリアフリー化されており、車椅子の方、視覚・聴覚障害をお持ちの方も何人かいらっしゃいました。みんなが楽しめる施設です。写真撮影などはフラッシュをたかない限りOKですが、ブログを含めネットへのアップロードは禁止されていますので、ご注意ください。
犬好き・格闘技好きの方は是非一度見に行ってみて下さい!

image

住所:781-0262高知県高知市浦戸6番地
Tel:(050)3033-3166

関連記事:【画像あり】土佐犬が青森六ケ所村で行方不明が問題に!【土佐犬性格】

関連記事:【青森】脱走し行方不明の土佐犬を発見!

【動物園】ビントロングがかわいい!匂いはアーモンド!飼う事はペットにはできる?価格の相場は?【癒し】