Pocket

スポンサーリンク


ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 日系イギリス人

 

ことしのノーベル文学賞に、日系イギリス人で世界的なベストセラー作家のカズオ・イシグロ氏が選ばれました。

 

スウェーデンのストックホルムにある選考委員会は、日本時間の午後8時すぎ、ことしのノーベル文学賞の受賞者にカズオ・イシグロ氏を選んだと発表しました。

イシグロ氏は62歳。1954年に長崎で生まれ、5歳の時、日本人の両親とともにイギリスに渡り、その後、イギリス国籍を取得しました。

1989年に出版された「日の名残り」は、第2次世界大戦後のイギリスの田園地帯にある邸宅を舞台にした作品で、そこで働く執事の回想を通して失われつつある伝統を描いています。

また、2005年に出版された「わたしを離さないで」は、臓器移植の提供者となるために育てられた若者たちが、

 

運命を受け入れながらも生き続けたいと願うさまを繊細に描いたフィクションで、その後、映画化され、日本でも公開されました。

ノーベル文学賞の選考委員会は「カズオ・イシグロ氏の力強い感情の小説は、私たちが世界とつながっているという幻想に隠されている闇を明らかにした」と評価しています。

転載:サイト

 

うんうん。

 

その名作に、受賞を心待ちにしていたほどの実力者なんだな。

 

うん。

 

なら、感慨深く感じる方もいるのも頷けるよ。

スポンサーリンク


経歴

 

1954年に長崎で生まれたイシグロ氏は5歳のときに海洋学者の父親がイギリス政府に行く。

 

家族で渡英。1983年に国籍を取得し、石黒一雄からカズオ・イシグロとなる。

 

1982年に長編第1作『遠い山なみの光(原題:A Pale View of Hills)』で小説家デビュー。

 

イギリス王立文学協会賞を受賞。

 

この作品と、それに続く1986年の『浮き世の画家(原題:An Artist of the Floating World)』は、戦後の長崎を舞台に。

 

1989年に長編第3作『日の名残り(現代:The Remains of the Day)』を出版。

 

第2次世界大戦後のイギリスの田園地帯にある邸宅を舞台にした同作は、イギリス最高の文学賞であるブッカー賞を受賞した。

 

1993年に同作は、アンソニー・ホプキンス主演で映画化もされた。
スポンサーリンク