Pocket

スポンサーリンク


 日本人は腎臓の機能が弱い?研究結果

肝臓の機能を高めるには、食事やアルコールの制限などがとても重要である。
肝臓の治療には必ず食事療法を使う。
で、酒を飲むときに一緒に何を食べるかも重要みたいだ。
普段どのようなものを食べるかに気をつける事。
それにより、肝臓の働きがますます良くなる。
では、肝臓に良い食事や食品。
酒を飲むときに食べたいつまみなどを紹介していこうと思う。

スポンサーリンク


肝機能を高める!

肝臓はたんぱく質でつくられているので、肝細胞を再生させるためには良質のたんぱく質(肉、魚、卵、大豆など)を十分に摂ることが必要だ。
体内では合成できないビタミンやミネラルには、栄養素を代謝して体の各機能を調節、維持するので、これらも十分に必要だ。
他にもある。
肝機能を向上させるタウリン(タコ、イカ、ホタテなど)や、ビタミンE(アーモンド、かぼちゃなど)を摂ることも効果がある。
主食

主食の白米やパンなどは、炭水化物(糖質)

 

重要なエネルギー源になるが、あまり食べ過ぎないように少量(ごはん1杯、パンなら1枚)を心がけよう。

 

主菜

肉、魚、卵、大豆などの良質なたんぱく質を摂る。

良質なたんぱく質とは、必須アミノ酸のバランスが優れているたんぱく質のこと。

 

副菜

肝臓の機能が正常でない場合は、ビタミンなどの代謝効率が落ちてしまう。

 

通常より大目のビタミン類を摂る必要がある。

 

ビタミンは、偏って摂ると吸収率が悪くなるためバランスよく摂取することが大切だ。

 

汁物

アサリやシジミは、タウリンが含まれるほか肝機能を強化する栄養素が豊富に含まれている。

 

二日酔いのときにシジミの味噌汁を飲むとよいのもこのためだ。

 

その他

肝臓が弱っているときはビタミンを蓄える機能が弱まりますので、積極的にビタミンを摂るといい。

 

ビタミンが豊富な果物や足りない栄養素はマルチビタミンなどのサプリメントなどで補えばいい。

 

ビタミンCが豊富な果物としては、レモン、柿、キウイ、いちご などがある。
スポンサーリンク