娘を交通事故で失った見守り男性の結末が悲惨!Twitterから怒りの声!

twitter ニュース
Pocket

我が娘を奪った事故は・・・見守り運動で再発防止に尽力

 

島根県益田市の国道191号で30日、小学生の集団登校の列に飲酒運転の軽トラックが突っ込み、小学3年の男児(9)と、付き添っていた男性(73)がはねられた。

男児は軽傷だったが、男性は31日未明、搬送先の病院で死亡した。

男性は33年前、現場近くで下校中の次女(当時7歳)を交通事故で失っており、

再発防止のために集団登校の見守り活動をしていた。

県警益田署の発表では、死亡したのは、近くの元洋装店経営・三原董充ただみつさん。

30日午前7時15分頃、市立豊川小学校の児童9人が現場交差点の横断歩道を渡るのを見守っていたところ、突っ込んできた車にはねられた。

車を運転していた同市の木材会社社員の男(62)の呼気から基準値を超えるアルコール分が検出されたため、

同署は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。

「娘を交通事故で亡くして以来、登下校の子どもたちを毎日見守っていた男性が飲酒運転の車にはねられ死亡」

運命の悪戯か?残酷な結末にTwitterコメント集中!

 

沢山の悲しみコメントが集まっています。

飲酒運転に対する批判。

娘を事故でなくした過去。

神様が存在するのならば、何故こんな残酷な結末なんだ?

などなどです。

本当に、報われないこのエピソードは聞いている身としても辛いです。

終わり方があんまりにも残酷だ。

交通事故が奪った1つの生。

消えていった命の灯火。

人一人の人生とはドラマで歴史です。

一人ひとりに年表が存在するはずだ。

・・・すみません。

長くなりそうなので、この辺りで辞めておきますが、

一つの命の放つ輝きが、様々な色が混ざり込んだ濃密な物語がここで潰えた。

この事実が私の中では重いので、事故の悲惨さと共にお伝えした次第です。

スポンサーリンク


 

“娘を交通事故で失った見守り男性の結末が悲惨!Twitterから怒りの声!” への1件のコメント

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。