NHKニュースによると、ゴールデン街の火災は出火から4時間後に消し止められたが、女性1人が軽いけがをしたという。時事ドットコムによると、木造モルタル2階建ての飲食店など計4棟の6店舗、約470平方メートルがほぼ全焼した。まねき通りの奥の突き当たりから8番街の一部が被害にあった模様だ。火災があった歌舞伎町付近では午後1時半ごろから約500棟が停電した。同日夕までに一部を除き復旧したが、東京電力は火災との関連など原因を調べている。(2016/04/12 19:45)

4月12日午後1時20分ごろ、東京・新宿歌舞伎町の「ゴールデン街」にある建物で火災が発生した。これまでに2階建ての建物など合わせて6棟が燃えているという。NHKニュースなどが伝えた。

現場は歌舞伎町の中心部に近く、新宿区役所から100メートルほど離れた場所で、飲食店などが建ち並ぶ一角。東京消防庁は、ポンプ車など28台を出して消火作業に当たっているという。

逃げ遅れやけが人は確認されていないが、さらに燃え広がる恐れもあるという。時事通信ニュースが東京消防庁の話として伝えた。

image

時事通信社

火災が発生し、煙が上がる「新宿ゴールデン街」=12日午後、東京都新宿区 

image

時事通信社

火災が発生し、煙が上がる「新宿ゴールデン街」=12日午後、東京都新宿区 

image

時事通信社

火災が発生した「新宿ゴールデン街」の焼け焦げた建物=12日午後、東京都新宿区 

image

時事通信社

火災が発生した「新宿ゴールデン街」の焼け焦げた建物=12日午後、東京都新宿区 

image

時事通信社

火災が発生した「新宿ゴールデン街」で、店舗の中に声を掛けて安否を確認する警察官(左手前)=12日午後、東京都新宿区 

春名弘(はるなひろし)(66歳)を、新宿ゴールデン街火事放火で逮捕!

男は住居侵入を認めている。現場には、その日、建設業の男たちが4人ほど、作業に入っていたが、彼らは

「作業の休憩中にタバコは吸ったが消した。」と説明している。

警察は春名弘(はるなひろし)(66歳)容疑者が、放火の疑いがあるとみて追及していくとの事です。

4月12日に東京と新宿区歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」発生した火事について、出火の直前、の建物からでてきた住所不定・無職の春名弘(はるなひろし)66歳の不審な男性を逮捕したとミヤネ屋で報道。

image

春名弘は改装中の建物2階に侵入し、放火して建物から逃げていく姿が防犯カメラに映ったのが逮捕の決め手になったようですね!

image

「新宿ゴールデン街」

とはもともと、戦後の焼け野原に勝手に掘っ立て小屋を建て飲食店を営業した不法営業地帯。なので、地主がいるのに、木造の建物を建てて権利を主張しているものが多く、所有者がわからないなど色々な条件から、権利関係が複雑になっている。

image

「新宿ゴールデン街」の地域は防災上問題があることを以前から指摘されており、再開発をすることを望まれていた。

今回の火災がそういった撤去に対しての反発を懲らしめるために行ったか、警察が慎重に取り調べているが、これだけの大規模な火事になると実刑は免れないだろう。

放火は大きく3つに分類されている。

・現住建造物等放火
死刑・無期懲役・有期懲役(5年)のいずれか

・非現住建造物等放火
他人所有物の場合、有期懲役(2年)
自己所有物の場合、有期懲役(6ヶ月~7年)

・建造物等以外放火
他人所有物の場合、有期懲役(1年以上10年以下)
自己所有物の場合、有期懲役(1年以下)・罰金(10万円以下)のいずれか

参照wiki

今回の場合は現住建造物等放火にあたるので、最高刑で死刑。
現在の法律では、放火未遂でも最低実刑の判例が多い。あくまでも「任意的減軽」なので、理論上は死刑も可能ということになっている。「焼損」の被害によって変わるので、裁判官の判断で決まる。

初犯で心神耗弱が認められたとしても、残実刑で懲役5年~10年程度の覚悟は必要、それだけ現住建造物放火の罪は重い。

関連はこちら↓

【さや侍】野見隆明の居場所が火災【新宿ゴールデン街】

【さや侍】松本人志が認めた才能【竹原ピストル】