35 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)00:09:44 ID:Ipku3w79a
「――そろそろ、オラ帰らないと……」

時計を見たオラは、荷物をまとめ始める。
それを見たまさおくんは、残念そうに言ってきた。

「ええ?もう帰っちゃうの?」

「うん。ひまわりのごはん、作らないといけないし」

「あ……そっか、しんちゃんっちって……」

ねねちゃんの呟きで、その場が暗い空気に包まれ始めた。

「別に気にしないでよ。ひまわりと、賑やかに暮らしてるしさ」

「そっか……うん、そうだよな」

「幸せで、何より」

「途中だけどごめんね。風間くん、仕事頑張ってね。じゃ―――」

そしてテーブル席を離れる。

「何かあったら、すぐ言えよ!僕らに出来ることがあるなら、何とかするからさ!」

最後に風間くんが声をかけてきた。
そんな彼らに手を振り、オラは家路についた。




39 :ななみんとカービィ◆/OPGQRDtp.:2014/08/15(金)09:48:09 ID:OxGz1wC0S
面白いな…(´・ω・`)

読んでて胸が痛くなるけど

40 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)10:23:19 ID:h320rltdt
……しかし、順調に見えたオラにも、不景気のあおりが来ることになった。

それから数日後の会社。オフィス内は、ざわついていた。

「……おい、これって……」

「……嘘、だろ……」

皆一様に、掲示板に張り出された通知を凝視する。

そこに記載されていたのは、従業員削減の通知――つまりは、リストラ予告だった。

今のところは小規模のようだ。
各課1~3名が選ばれる。そしてオラがいる部署は、たった一人だ。
しかし、オラの部署には家族持ち世帯が大多数だ。
最近結婚した者、子供が生まれたばかりの者、

子供が小学生に入学したばかりの者……それぞれに、それぞれの暮らしがある。

「……課長……」

「……ああ、野原か……」

廊下のソファーに、課長が項垂れて座っていた。オラはその隣に座る。

「……課長、リストラって……」

「……ああ。私に、一人選ぶように言われたよ。まったく、部長も酷なことを言ってくれる。
私に、選べるはずもないじゃないか……みんな、可愛い部下なのに………」

「………」

課長は、目頭を押さえていた。

目の下にはクマも見え、頬もやつれているように見える。課長も、かなり悩んでいるようだ。

「……いざとなれば、私が……」

「でも課長、先日お子さんが私立の中学校に入学したばかりじゃないですか……」

「……野原、家庭の事情は、人それぞれだ。

誰も辞めたくないに決まってる。それでもな、誰かを選ばないといけない。それならば、いっそ……」

課長は、語尾を弱める。覚悟と迷い……その両方が、課長の中に混在しているようだ。

――そうだ。誰でも、家庭がある。日常がある。

その誰かが辞めなければならないなら……それなら……

「……課長……」

「……?」

「……オラが、辞めます」

41 :名無しさん@おーぷん:2014/08/15(金)10:35:50 ID:QS7EUDrsN
アカン。泣いた

43 :名無しさん@おーぷん:2014/08/15(金)10:48:17 ID:YA9WRyjNQ
しんちゃん……

44 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)10:51:44 ID:h320rltdt
「な、何を言ってるんだ野原!」

「誰か辞めないといけないなら、オラが辞めます。オラは、まだ結婚していませんし」

「し、しかし!妹さんがいるだろう!?」

「妹は働いていますし、何とかなりますよ。

それに、オラまだ若いので、次の仕事も見つけやすいですよ」

「……だ、だが……!!」

「――課長、ここは、オラにカッコつけさせてくださいよ」

「……」

「……」

課長は一度オラの顔を見て、もう一度項垂れた。そして……

「……すまない、野原……すまない……」

課長の声は、震えていた。
オラは分かってる。一番辛いのは、

誰かを選ばなければならない課長自身であることを……
だからオラは、あえて笑顔で答えた。

「……いいんですよ、課長。これまで、お世話になりました―――」

課長は、何も答えなかった。
誰もいない廊下には、課長の涙をこらえる声が聞こえていた。

そしてオラは、無職になった――――




46 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)11:00:36 ID:h320rltdt
「――あれ?」

仕事を出る前のひまわりが、オラの様子を見て疑問符を投げかける。

「お兄ちゃん、今日はかなりゆっくりだね。まだスーツじゃないなんて……」

「え?あ、ああ……すぐ着替えるよ。――それより、急がないとまた遅刻するぞ?」

「――あ!うん!」

ひまわりは食パンを片手に、玄関を飛び出していった。
彼女を見送った後で、オラは仏壇の前に座る。

「……父ちゃん、母ちゃん。

オラ、会社辞めちゃったよ。

小さい頃、父ちゃんにリストラリストラって冗談で言ってたけど、

実際そうなると笑えないね」

仏壇に向け、苦笑いが零れた。

「……でも、今日からでも仕事を探してみるよ。

……分かってる。ひまわりには気付かれないようにするから。

あいつ、ああ見えて心配性だし……」

そして立ち上がり、いつもよりもゆっくりとスーツを着る。
とにかく、片っ端から面接を受けるしかない。

そのどれかが当たれば、それに越したことはない。

大丈夫。きっと、大丈夫だ……

オラは、自分にそう言い聞かせながら、家を出た。

47 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)11:09:55 ID:h320rltdt
午前中から、色んな企業を周った。
求人案内が出てるところをはじめ、とにかく、直談判した。

会社、工場……場所を問わず、とにかく足を運んだ。

……だが、現実は甘くない。
そもそも春先でもない今の時期に、求人があること自体が稀であった。

そしてどこも、簡単にはいかない。
どこも同じなんだろう。余裕がないのだ。

それに、オラも27歳。うまくいくことの方が、難しかった。

(やっぱり、どこも難しいな。でも、まだ始めたばかりだ……)

そして、オラは街を歩く。仕事を求めるため、

乾いた風が吹くビルの隙間を、縫うように歩いて行った。

55 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)20:50:17 ID:ZQX0p4bAF
それから2週間経った。

オラがようやく見つけたのは、小さな工場の作業員だった。
正直、手取りはほんのわずかだ。それでも、働けるだけ運がよかったと言えるのかもしれない。

……しかし、この工場の勤務時間は以前の職場よりも長い。これまで夜7時くらいには家に帰れていたが、帰宅するのはいつも夜11時過ぎなった。
当然、夜ご飯など作る時間はない。

「……お兄ちゃん、最近帰るの遅いね……」

オラにご飯を持って来ながら、ひまわりは呟く。

「……ちょっと、な。働く部署が変わったんだ」

「そうなんだ……なんか、毎日クタクタになってるね」

「まあ、慣れるまでは時間かかるかな……」

ご飯は、ひまわりが作っている。と言っても、冷凍食品が主ではあるが。
それでも作ってくれるだけありがたい。ご飯は水が少なくて固いが、それでも暖かい。

ひまわりに悟られないように、スーツで出勤する。

そして仕事場で作業着に着替えるという毎日だ。
はじめ工場長も不思議がっていたが、

密かに事情を説明すると、それ以降は何も言わなくなった。

仕事は、かなり労力を使う。
単純な作業ではあるが、一日中立ちっぱなしだ。

そこそこパソコンを使えるが、使う機会はほぼない。
流れ作業であるために、オラが遅れれば、後の作業に影響が出る。

だから一切気が抜けない。
慣れない作業に、肉体と精神力を酷使し続ける日々は、とてもキツかった。

それでも、今は働くしかない。

image

60 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)21:28:51 ID:ZQX0p4bAF
休日のある日の朝、オラは目を覚ました。
日頃の疲れからか、体中が痛い。それでも起きて家事をしなければならない。

……だがここで、オラはある匂いに気が付いた。

(この匂いは……味噌汁?)

どこか、懐かしい香りだった。
フラフラした足取りで台所へ行ってみると、

そこには鼻歌交じりに料理をするひまわりの姿があった。

「――うん?あ、お兄ちゃん、寝てていいよ」

ひまわりはオラに気付くなり、笑顔でそう言う。

「……お前、味噌汁作れたんだな……」

「し、失礼ね!ちゃんとお母さんから教えてもらってたんですー!」

「母ちゃんから……知らなかったな……」

オラがそう言うと、ひまわりは急に表情を伏せ、寂しそうに呟いた。

「……思い出しちゃうんだ。これ作ってると。――お母さんと、話しながら作ってた時のことを……。だから、いつもは作らないの」

「ひまわり……」

少しの間黙り込んだひまわりは、急に声のトーンを上げた。

「――だから、特別なんだよ?ありがたく思ってよね、お兄ちゃん」

はち切れんばかりの笑顔で、ひまわりはオラの方を見た。
それは、ひまわりなりの誤魔化しなのかもしれない。

オラが心配しないための。自分の中の悲しみを大きくしないための。

ひまわりにとっての母ちゃんとの思い出は、

暖かいものであると同時に、悲しみの対象でもある。

味噌汁を作るということは、その両方を思い出させることになるだろう。
……それでも、彼女はオラのために作ってくれた。

だからオラは、それに対して何も言うべきではないんだろうな。

「……いただくよ、味噌汁」

「……うん!」

そしてオラとひまわりは朝食を食べた。
味噌汁は、少し塩辛かった。でも、とても心に沁みた。

コチラからご覧ください↓




①【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

③【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

④【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑤【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑥【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑦【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑧【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑨【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑩【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

11【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

最終回12【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。