image

63 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)21:42:37 ID:ZQX0p4bAF
朝ご飯を食べた後で、居間でまったりしていたオラとひまわり。
目の前のテレビでは、朝のワイドショーが芸能人のスクープを取り立てていた。
何でも、俳優の藤原ケイジとアンジェラ小梅が、

またもや破局したとか。何度目だ、藤原ケイジ。

そんな緩やかに時間が流れる室内に、突如けたたましくドアを叩く音が響き渡った。

「な、なんだ?」

おそるおそる玄関に近付き、ドアを開ける。

――と同時に、とある女性が飛び込んで来た。

「――か、匿って、しんのすけ!!」

その女性は、室内に入るなり、ぜえぜえと息を切らしていた。

「む、むさえさん!どうしたんですか……」

オラの問いかけに、ひまわりが反応する。

「え!?むさえおばさんが来たの!?」

「おばさんって言うな!……それより、お茶くれ。喉がカラカラで死にそう……」

何事だろうか……オラとひまわりは目を見合わせた。

そして仕方なく、むさえさんにお茶を差し出した。




65 :名無しさん@おーぷん:2014/08/15(金)22:00:07 ID:fHRx3baz5
文の雰囲気が凄く好きだ
支援ー

66 :名無しさん@おーぷん:2014/08/15(金)22:05:44 ID:iCAXerKYR

応援してるぞ

67 :名無しさん@おーぷん:2014/08/15(金)22:12:36 ID:CtbQa6oWh
面白い!ゆっくりでいいから最後までガンバや!

68 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)22:15:37 ID:ZQX0p4bAF
「――ぷはぁー!生き返ったー!」

コップのお茶を一気に飲み干したむさえさんは、元気に話す。

「……それで?どうしたんですか、むさえさん?」

「え?あ、ああ……ちょっと、避難を……」

むさえさんの言葉に、オラは頭を抱える。もう、何度も聞いてきた言葉だった。

「……またですか。今度はなんですか?お見合いですか?」

「めんどくさそうに言うな!

……まあ、父さんがお見合いを勧めてきたのは合ってるけどね……」

むさえさんは、少しばつが悪そうに呟く。

「そりゃそうでしょ。むさえさんも、いい加減結婚しないと」

「そうそう。むさえおばさんもいい歳でしょ?」

オラの言葉に、ひまわりが続く。

「と、歳の話はやめい!それに、おばさんって言うな!

――私はいいの!写真に生きるの!」

……むさえさんは、プロの写真家になっていた。
たまに写真展を開いては、そこそこ儲けているらしい。

ただ、元来適当な性格もあって、開催は不定期。

今では完全に、放浪の写真家となっていた。
腕は認められてるのに、実にもったいないと思う。

ただ、これだけ自然体だからこそ、いい写真が撮れるのかもしれない。

芸術家とは、かくも面倒な存在なんだろうな。

image

69 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)22:16:21 ID:ZQX0p4bAF
「……まあ、身を隠すだけならいいけど。それに、いくら九州のじいちゃんでも、さすがにここにいるなんて……」

プルルル…

突然、家の電話が鳴り始める。

「……まさか……」

「……ひょっとして……」

「……う、ウソでしょ……」

オラたち三人に、緊張が走る。
ひまわりとむさえさんにアイコンタクトをした後、オラが電話に出た。

「……も、もしもし……」

「――ああ、しんのすけか。九州のじいちゃんたい」

「―――ッ!」

「むさえに伝えてくれんね。――いい加減、諦めて九州に戻れとな。頼んだばい」

そして、電話は切れた。

呆然とするオラに、ドアの陰に隠れたむさえさんがおそるおそる顔を覗かせた。
どうだった?――そう言わんばかりの顔をして、オラに注目する。

オラは静かに、親指を立て、アウトのジェスチャーを取る。
それを見たむさえさんは、一人、ムンクの叫びのような顔をするのだった。




72 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)22:37:29 ID:ZQX0p4bAF
「と、父さんにバレてたとは……」

むさえさんは、居間の中央で項垂れる。

「……まあ、親子ってことじゃないの?」

「さすが九州のじいちゃんね。むさえおばさんの行動パターンを読んでる……」

ひまわりは腕を組みながら、感慨深そうに呟く。

「――こうしちゃいられない!」

むさえさんは、さっさと荷物をまとめて玄関に駆け出した。

「え?もう帰るの?」

「まあね!父さんに居場所がバレてるなら、長居は無用!」

むさえさんは急いで靴紐を結ぶ。と、その時――

「――あ、そうだった。はい、しんのすけ」

むさえさんは、オラに封筒を手渡してきた。

「これ……」

「少ないけど、なんか美味しいのでも食べなよ」

むさえさんが渡してきた封筒には、けっこうな額のお金が入っていた。

73 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)22:37:42 ID:ZQX0p4bAF
「……こんなの、受け取れないよ……」

「そう言うなって。親族からの気持ちだから、素直に受け取りなさい。

アタシも無名だったころに、散々みさえ姉さんに援助してもらってたしね。

それを返してるだけなんだよ。
……それに、しんのすけ達の元気そうな顔を見れたから、それでいいの」

むさえさんは、優しくそう話した。

「……もしかして、むさえさん。オラたちの様子を見に……」

オラの言葉に、むさえさんは照れ臭そうに頬を指でかく。

「……まあ、アンタ達に何かあったら、あの世でみさえ姉さんに合わせる顔がないしね……」

「むさえさん……」

「――そろそろ行かなきゃ!じゃあね!!」

そう言い残すと、むさえさんは出ていった。

「……なんか、カッコよくなったね、むさえおばさん……」

オラの後ろから、ひまわりが呟く。

「……そんなこと言ったら、またむさえさんにどやされるぞ?おばさんって言うなって。
――でも、その通りだな……」

いつもオラたちのことを気にかけてくれているむさえさん。

その気持ちには、感謝してもしきれない。
オラとひまわりは、彼女が出ていった玄関に向け、小さく会釈をした。

84 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)23:36:32 ID:0agH6Y210
「――おーいみんな!ちょっといいか!」

工場の中で、工場長が声を上げた。
その声に従業員は手を止め、彼の方を見る。もちろん、オラも例外じゃない。

「今日はうちの工場に、元請けのお偉いさんが視察に来る!しっかり働けよ!」

「うぃー!」

「それだけだ!作業に戻ってくれ!」

工場長が話を終えると、従業員は再び手を動かし始めた。

(元請けのお偉いさんか……難癖でも付けにくるのか?)

心なしか、全員緊張しているようにも見える。

何しろ、元請けだしな。下手なことをしていたら、最悪契約を切られる。

そうなったら、こんくらいの工場は、あっという間に危機に陥るだろうし。




85 :◆YAe/qNQv0cvW:2014/08/15(金)23:36:38 ID:0agH6Y210
それからしばらくすると、工場に一人の女性が入って来た。
長い黒髪をした女性だった。スーツを着こなし、毅然として歩く。

彼女は工場長からの説明を受けた後、工場内を見て回る。

そんな彼女の姿を見た従業員は、思わず手を止めていた。
それもそうだろう。何しろその女性は、かなりの美人だった。

どこか童顔ではあるが、整った鼻筋、仄かに桃色の唇、きりりとした凛々しい目

……その全てが、 美人と呼べるだけのパーツであり、絶妙な配置をしている。

彼女の顔を間近で見れば、目の前の作業なんて忘れてしまうだろう。

……だが、どこか見覚えもある。
どこだっただろうか……

「……あら?」

ふと、彼女はオラの顔を注視した。

(やば……なんか問題あったか?)

オラは目の前の作業工程を頭の中で確認する。不備は……ない。
だが彼女は、ツカツカとヒールの音を鳴らせながら、オラの方に近付いてきた。

そしてオラの横に辿り着いた彼女は、オラの顔を覗きこむ。

「……な、なんですか?」

「………」

彼女は何も言わない。ただ黒い瞳を、オラに向けていた。

見ていると、何だか吸い込まれそうになる……

――と、その時……

「―――しん…様?」

「……はい?」

女性は、オラにそう話しかけて来た。
その呼び方をする人は、オラの知る限り一人しかいない……それは……

「……もしかして……あい、ちゃん?」

すると彼女は、それまでの凛々しい態度を一変させ、その場で飛び跳ねてはしゃぎ始めた。

「やっぱりそうだ!――そうです!あいです!酢乙女あいです!お久しぶりです!しん様!」

……工場内には、どよめきが走った。

コチラからご覧ください↓




①【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

④【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑤【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑥【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑦【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑧【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑨【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

⑩【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

11【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。

最終回12【涙腺崩壊】クレヨンしんちゃん作者事故死から7年…今明かされた22年後の物語に涙が止まらない。※日本中が涙しました。