Pocket

ラストレシピあらすじ

同作は、伝説的な人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一氏の同名デビュー小説(8月5日に幻冬舎文庫から発売)のゲラを一読し、内容に惚れ込んだ秋元康氏が企画。歴史の闇に消えた、天皇の料理番が考案した究極のフルコース「大日本帝国食菜全席」をめぐり、2000年代初頭と1930年代の2つの時代が並行して語られていく。

現代パートは絶対味覚(=麒麟の舌)を持ちながらも料理への情熱を失った主人公・佐々木充(二宮)が、関係者の証言を集めながら消えたレシピの解明に挑むミステリアスな展開。過去パートは太平洋戦争直前の30年代を舞台に、レシピ作成に人生を捧げた、もうひとりの麒麟の舌を持つ料理人・山形直太朗(西島)とその信念を支え続けた人々の運命を描く。

転載:映画・com

『料理の鉄人』を手がけたバラエティ演出家:田中経一さんのデビュー小説ということですね。幻冬舎文庫より2016年8月5日発売に「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」は発売されています。

デビュー作がいきなり映画化決定!!しかも主演がニノとなると、期待掛けられてる感じがひしひしと伝わってきますね。

出演スタッフ

二宮和也

西島秀俊

綾野剛

宮﨑あおい

西畑大吾

竹野内豊

笈田ヨシなど・・・

ラストレシピの撮影ロケ地は??

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のロケは、2016年の7月下旬から10月上旬にかけて都内や群馬県、山形県で撮影との情報。

料理がテーマの物語だけにどんなレストランがロケ地となるかに本当に注目されますよね。

映画では1930年代と2000年代のパートがあるため、歴史を感じさせる建造物や現代の高級レストランが交互に映し出されるノスタルジックレトロと今の融合。

楽しみです。

映画「ラストレシピ」で登場する料亭のロケ地に日本橋の「辰巳」

映画「ラストレシピ」で登場する料亭のロケ地に日本橋の「辰巳」
出典:食べログ

映画「ラストレシピ」では料亭のロケ地の一つとして東京の日本橋にある「辰巳」が使われたようですよ(´・ω・`)

昭和26年創業の日本料理の老舗で日本料理を気軽に楽しめるお店であるということです。

しっかりした技術で頂ける割烹でランチでは行列もできるなかなかの人気店となれば、ニノファンにとっては聖地の一つになる事間違いないですね(・∀・)。

image

ファンはすでに「これこそほんとの『超豪華』『実力派』俳優たちだわ…」「ニノに西島さんに綾野剛! しかも原作は田中経一さん! 面白いんで観に行きますね(確定)」「絶対観に行く! 料理への愛がぎっしりつまったおいしそうな作品になる予感しかない!」と観に行くことを決めている人がすごい多い模様です。

うん。

豪華俳優陣を始め、物語の奥ゆかしさも感じ取れ、本当に公開が楽しみな一作ですね。