image
松本人志の放送室
2001年10月4日~2009年3月28日まで放送された、伝説のラジオ番組です。
お笑い芸人松本人志さんと、放送作家の高須光聖さんのお二人で、約1時間に渡るトークを繰り広げる番組でした。
息の合った、非常に高度なやり取りを、お二人が繰り広げる事で有名な人気番組です。
実はお二人、兵庫県尼崎市出身の、正真正銘の同級生で、友達であります。
それは、息も合いますよね。
松本人志の放送室。番組当初のコンセプトは、「誰にも教えるな!」
というものでした。
それは、お互い友達でありながら、仕事仲間であるお二人なんですが、お互いお仕事が忙しくなりすぎて、二人で喋る時間が取れなくなったという事から、二人が喋る場所を求めていました。
全然時間が取れない。仕事が忙しい。なら、いっその事、喋る場所を仕事にしてしまおう。
という松本さんの発想から、放送室が始まったみたいです。
なので、二人が日常会話を求めて始まった番組という事から、松本さんが誰にも教えるな!と唱えていたのでしょう(笑)
しかし、こんな二人がサシのトークを始めて、世間がほっておくわけありません。
人気はすぐに上がっていったみたいです。
一部、深夜のタクシー運転手や、深夜営業の個人の飲食店の方など、放送室が深夜放送という事もあり、根強いリスナーとなりうっていたといいます。
このお二人なら、若い方を中心に人気を博す事は容易に想像が出来ますが、実は、お二人の地元の尼崎の住人の方も、リスナーが多かったとか。
二人のトークの中には、お二人が子供時代を過ごした尼崎でのエピソードも多いです。

image
まず手始めに動画はコチラ↓

これは、松本さんの子供時代の愛犬ぺルとの思い出の一幕を、面白おかしく語っている、尼崎エピソードの一つです。
お二人の会話は、面白い事は当たり前なんですが、なかなか奥の深い所もあり、考えさせられる事もあります。
さすが、喋りの世界で生きているだけあり、私たちの想像のはるか上の視点で言葉が飛び交うさまに、驚きと笑いに包まれる事間違いないでしょう。

これは、オリンピック水泳競技で金メダルを勝ち取った、北島康介さんの事を取り上げています。
北島さんの名言を拾い上げて、色々とお話しされています。
ちょっと失礼じゃないかな?
と思わせる位のちょうどいい具合の言葉のチョイスに思わず笑ってしまいます。

これは、松本さんと高須さんの同級生の、尼崎の藤井さんという方のお話です。
高須さんは、松本さんと違い、毎年正月は、地元の尼崎に帰省し、同級生たちが毎年開いている同窓会に参加しているみたいです。
その同窓会でおこった藤井さんの粗相あふれる行動の数々を松本さんに報告しています。
このお話のキーワードは、怒涛編と慕情編です(笑)

まだまだ放送室に関しては、お話したい事が沢山あります。
色々な面白エピソードを含んだ、私にとってのバイブルです。
本当に、話しきれないくらいの笑いの含有量なので、分けてお話していこうと思います。

という事で、これを、松本人志の放送室 1 とさせて頂きます。
また、放送室のブログを更新致します。
では、今回はこの辺で失礼致します。
ご愛読いただき、本当に有難う御座います。
またのお越しを心よりお待ちしております。