497c42b5-s

13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)で「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との不倫騒動で休業していたタレント・ベッキー(32)が復帰したことに対し、週刊文春が18日にweb上で「ベッキーの“フライング番組収録”に川谷元妻が抗議文を送った!」と報じた件で、同日、ベッキーの所属事務所であるサン・ミュージックがファクスでコメントした。

 ベッキーは5月2日に川谷の元妻に直接謝罪をしているが、週刊文春は、その時点で「金スマ」の収録が済んでいたことを、ベッキー側が知らせなかったとしている。ベッキー側からオンエアの連絡があったのは放送当日の夕方で、元妻が弁護士と相談し、ベッキー側に抗議の書面を送ったと報じている。

 サンミュージックはファクスで「ベッキーは去る5月2日、川谷様の元奥様のご了承を得てお会いし、席上、元奥様に心より謝罪をさせていただきました。ベッキーの謝罪を受け、元奥様からは今回の件につきまして、和解の言葉を頂戴いたしました」と報告した。

 さらに元妻の弁護士からマスコミにあてた文書も同時にファクス。それによると「週刊文春の記事については、記載されている内容のほとんどは事実と違うものではありません。『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の番組を見て、A子さん(=元妻)が衝撃を受けたのは事実です」と認めた上で、1点だけ事実と違う記載があると指摘している。

 それは「弁護士と相談の上で、ベッキーさんの自分への謝罪と仕事復帰へのタイミングのズレへの違和感と、放送の内容について、サンミュージックに抗議の書面を送ったという」との部分で、サンミュージックの社長から番組放送前に電話を受け「気分を害されることがあれば連絡ください」と言われたため、A子さんは弁護士の前で手紙を書き、弁護士は社長に直接届けたという。弁護士は「率直な心情を手紙に書いたもので、抗議文ではありません」と説明。社長に分かって欲しいという元妻の気持ちを伝えたもので、これで全てを終わりにしたいという気持ちも弁護士から社長に伝えたという。

 さらに5月2日にベッキーが元妻に直接謝罪した際の様子も報告。「謝罪を受け終わって部屋を出る際に、A子さんがベッキーさんに、『これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張ってくださいね』と言って部屋を出ました。帰りのタクシーの中で『先生、ベッキーさんに言った言葉、私の本心なんですよ』と彼女は話していました」

 弁護士によると、元妻は、自分も、川谷も、ベッキーも、今回の騒動でつまずかずに生きて行けるようにしたいと願っているという。

スポーツ報知

これで、本当に収束すれば良いのですが・・・・

コチラもお読みください↓

関連記事:【金スマ】ゲス川谷元嫁“ベッキーへ抗議文”報道を否定「一点だけ事実と違う」 騒動終焉を願う【文春砲】

関連記事:【文春砲】ベッキー復帰LINEに赤信号!フライング収録に川谷元嫁が抗議文を送った事が判明!【金スマ】

関連記事:【真実】ベッキー金スマ出演で屈辱の涙の謝罪!中井君の対応に賛美の声!視聴率は?【ゲス川谷】

関連記事:【ベッキー】ゲス川谷もブログで謝罪!LINEや不倫の事実認める!金スマ放送を見て【コメント全文】

image

皆さんの意見がありましたら、是非コメントをお送り下さい!

お待ちしております!