『鋼の錬金術師』実写映画化、キャストに山田涼介、本田翼、フジオカら

荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』が実写映画化され、2017年冬に全国公開されることがわかった。

『鋼の錬金術師』は2001年から2010年まで漫画誌『月刊少年ガンガン』で連載された作品。

亡き母の「人体錬成」の代償として左足を失った国家錬金術師の「エド」ことエドワード・エルリックと、体を全て失ったが、鎧に魂を定着させて一命を取り留めた弟の「アル」ことアルフォンス・エルリックによる「賢者の石」を探す冒険を中心に、国家を揺るがす陰謀と戦いを描くファンタジーだ。

実写版でエド役を演じるのは山田涼介(Hey! Say! JUMP)。

またエドたちの幼なじみで機械鎧技師のウィンリィ・ロックベル役を本田翼、「焔の錬金術師」の異名を持つ士官ロイ・マスタング大佐役をディーン・フジオカが演じる。

さらにマスタングの親友ヒューズ中佐役に佐藤隆太、マスタングの側近ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子

ロス少尉役に夏菜、国家錬金術師のタッカー役に大泉洋、ドクター・マルコー役に國村隼

ハクロ将軍役に小日向文世、ホムンクルス「色欲」のラスト役に松雪泰子

「嫉妬」のエンヴィー役に本郷奏多、「暴食」のグラトニー役に内山信二、コーネロ教主役に石丸謙二郎がキャスティングされている。

監督を務めるのは2002年の実写映画『ピンポン』を手掛けた曽利文彦。

エド役を務める山田は、「今回主演という立場を頂いた時は、原作が好きだからこそ、どんな作品になるのか疑問と想像が膨らみ、自分がこのプレッシャーに勝てるのか?という気持ちもありました」とコメント。体を鍛え、可能な限りスタントを入れずにアクションシーンに挑む予定だという。

原作のファンだという本田は、「プレッシャーが凄いです。

原作ファン、そして私たちの世代にこそ観て欲しいし、観たいと思わせる作品にできたらと思っています」と語っている。

本田と山田は初共演となる。

マスタング役のフジオカは、「人気のマスタング大佐を演じさせて頂くプレッシャーはありますが、原作ファンの皆様の大きなご期待を背負えるようにまずは身体をひとまわり大きく増量して、役作りに望みたいと思います」と意気込みを明かしている。

原作者の荒川は「色々なメディア展開をしてきた鋼の錬金術師ですが、なんと実写化!マンガでは豆粒ドチビのすぐキレる主人公なので、山田さんに演じていただくのは、なんだか申し訳ない気分です…!!(あ、ヒロインもすぐキレますね。すみません…)曽利監督はマンガ表現とリアル部分をつなぐCGを上手に使われる方なので、アニメやゲームとはまた違った表現を見せていただけそうで楽しみです!」と期待を寄せている。引用元

『鋼の錬金術師』キャラクターを演じる出演者と画像で比較!

個人的には皆さん非常にキャラクターの雰囲気とあっていると思いますが、皆さんはどう思いますか?

ただ、本田翼さんはウィンリィって感じがしないという声上がってもおかしくないかもしれませんね。皆さんもいろいろな意見が有ると思います。

よろしければ、皆さんの意見もコメントして下さいね!




 

今回の映画に対する意気込み!

 

鋼の錬金術師 実写化 演者写真一覧 画像

本作品で監督を務めるのは、映画「ピンポン」(2002年)などで日本映画の1ページを作った曽利文彦さんです。

曽利さんは、ジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」でCGも手掛けた映像のスペシャリストでもあり、まさに本作の錬金術を駆使したアクションシーンを映像化するために必要不可欠な技量を持つ監督です。
「『ピンポン』は企画段階から参加し、自らの想いが強く反映された作品ですが、本作はそれ以来となる、自らが立ち上げた作品であり、特別な思い入れがあります」と明かしました。

「『鋼の錬金術師』の世界観やテーマ性、そして“生きていくことの真実”を描いた、この素晴らしいストーリーを幅広い世代にご覧いただけるよう、チーム一丸となって全力で取り組んでいきたいです」と映画化への意気込みを語っていました。

さて、これは公開が楽しみですね。

期待して待ちましょう!




【上田堪大】舞台「ダイヤのA」薬師戦決定!真田役は上田堪大、栄純・降谷・御幸は続投!

【画像あり】水崎綾女主演映画「ユダ」の感想!熱愛やカップは?ロンドンハ―ツのドッキリにも参加経験あり!