六ケ所で不明の土佐犬、死体で発見

 

六ケ所村尾駮の男性方で飼われていた土佐犬の行方が分からなくなっている問題で、

 

野辺地署は27日午後、この土佐犬が、おいらせ町一川目の防風林内で死んでいるのが見つかったと発表した。

 

体重80キロの土佐犬、行方不明に 青森・六ケ所村

 

image

23日午前7時20分ごろ、飼っている土佐犬1頭の行方がわからなくなったと、六ケ所村尾駮の無職男性(72)から野辺地署に届けがあった。

 

署によると、この土佐犬は体長約1・30メートル、体重約80キロのオス。男性は複数の土佐犬を飼っているが、

 

午前6時半ごろに自宅敷地内にあるおりを確認したところ、1頭がいなくなっていることに気づいたという。

 

県警がヘリなどで捜索しているが、同日夕現在、行方はわかっていない。県警は六ケ所村や横浜町に広報を依頼するなどして住民に注意を呼びかけている。

 

桂浜観光でぜひ訪れたい!高知の「土佐闘犬センター」

掲載元

犬を闘わせるなんて、という方もいらっしゃるとおもいます。しかし、これはひとつの格闘技で文化なのです。

 

土佐犬たちは本気なんです。
土佐犬はいろんな外国の犬と交配をさせ、闘うための犬として愛され守られてきました。ちなみにブルドッグの血も混じっているんだそうです。

 

顔を見るとなんだか納得できます。

 

子犬(といってもかなり大きいです)とのふれあいタイムもあります・・・

 

関連記事:【画像あり】土佐犬の闘犬っぷりが見れる高知の土佐闘犬センター!青森土佐犬が行方不明!

 

土佐闘犬は温厚な犬

 

土佐闘犬は「土佐犬」と呼び習わされている犬種のうち、大型の犬です。中型犬は現在「四国犬」と呼ばれています。

 

明治時代に土佐藩(高知県)で、四国犬にブルドッグやグレートデンなどの海外の大型犬種を掛け合わせ、闘犬用に作り出されたようです。

image

いかつい顔でいかにも怖そうですが、実は穏やかな性格が特徴の犬です。

闘犬にするためには、専門のトレーナーが付いて訓練するという、特殊な飼い方をします。闘犬としての特別なしつけを受けずに育つと、

 

「だれにでも懐くので番犬にならない」

 

と言われることすらあるのが特徴。無駄吠えもしないので、現在では愛玩用途としての飼い方も多くなっているようです。

 

皆さんに知って頂きたい事は、皆さんがイメージしている凶暴な土佐犬は、訓練によって生まれているという事です。

 

本来は、穏やかな性格の犬という事です・・・

 

関連記事:【画像あり】土佐犬が青森六ケ所村で行方不明が問題に!【土佐犬性格】