沸騰ワード10で、タケノコ王として有名になりました風岡さん。

♦タケノコ王プロフィール♦

画像

名前:風岡直宏(かざおか なおひろ)
生年月日:1973年
出身地:静岡県富士宮市
職業:風岡たけのこ園代表
身長:186cm
体重:70kg

いつもピンクのタンクトップを着用している風岡直宏さん。

冬でも関係なく毎日この格好だそうです!

意味がなくこの色のタンクトップを着ているのではなく、キチンとした理由があるみたいですね。

理由は、この格好で居る事により、お客さんにも覚えて貰いやすくなる狙いと、

普通の衣服による肩への邪魔がなくなり、肩の可動域が広くなる。

その事により、たけのこを掘りやすくなる事からの着用理由なんだとおっしゃっております。

なかなか、理に適っていますね。

この様に、体を上手に使いながら、服装にもこだわり自分を売って行っているみたいですね。

農業界の武井壮!タケノコ王風岡直宏さんの嫁とフェラーリとの離婚原因は?

♦経歴♦

 

風岡さんは、高校卒業後、プロのトライアスロン選手としての職業を選びました。この職業を選んだ理由をこう答えていました。

「僕、高校時代にすんごい失恋をしたんですよ。ただ、卒業しても その娘のことが忘れられなくてさ。僕は昭和48年生まれ。そのころは携帯電話もないから、もう会えないだろうと。じゃあ、自分の存在をもう一度その娘に知らせるために、僕がスポーツで活躍すればいい、そしたら、テレビや新聞が届けてくれるって考えたのさ。」「そこで始めたのがトライアスロン。でもね、僕、はじめ全然泳げなかったんすよ。クロールの息継ぎさえできなくてね。日中に人に見られるのは恥ずかしいから、まだ誰も起きていない早朝、近所の川でひとり泳いで練習してたさ(笑)。」「プロに入って、13レース優勝してる。やっぱり、叶わぬ恋の「嫉妬」のエネルギーは大きかったね。 人生を川だとすれば、川は普通に流れているだけじゃもったいない!そんなら、そこに発電機をつければいい。人間、普通に生きているだけじゃもったいないと思うよ。」と語っています。しかし、これからって時の23歳の時に、故障で引退したみたいです。引退してから、お金稼ぎにバイトを始めます。

image

「トライアスロンをやめて始めたのが運送屋のバイト。これがやたら稼げてしまったんですよ。たとえばここに1円玉がおっこってたとするじゃないですか。で、それを拾うために使うエネルギーが1円だとすると、僕がトライアスロンに使っていたエネルギーって、月200万とかのとんでもないエネルギーになるんじゃないかと。つまり、自分の持ってるエネルギーをお金に換算して考えたわけ。このエネルギーを活かして次に始めた商売が…クワガタだったのさ 。」と語り、考えて出した答えが、当時ブームだったオオクワガタを取って売るビジネス!それがなんと大当たりしたみたいです。年間3800万円も稼いだみたいなんです!ただ、ウエイトトレーニングは欠かさずやっているみたいですね。さすが、「農業界の武井壮」と呼ばれる事だけはある!「一日2食!昼飯はプロテイン(笑)」と語っています。

image

♦タケノコ販売♦

その後はたけのこ栽培に方向転換(今もクワガタも扱っている様です)。

流通量が少なく貴重な幻のたけのこ「白子たけのこ」の量産化に成功して安定供給ができるようになったことで、

収入も多く安定的に入ってくるようになったみたいですね。

♦クワガタとたけのこでフェラーリを買った♦

クワガタとタケノコのみでフェラーリを買ったと語る風岡さん。こんな風に語っていました。

「当時ブームだったオオクワガタの養殖は、大ブレイクですよ。ひとりで年間3800万稼ぎました。一日50万をオーバーする日が出たり…それで、フェラーリを買ったんです 。」

image

風岡さんが結婚したお嫁さんについて

風岡さんは一度結婚しています。その女性との間には息子もいます。現在は、離婚して離れ離れになっているようですね。

そして、自身がアナログ人間でもある。またネットで発信する時間がない。そういった理由で、ブログを書いてくれて一緒に直販所を手伝ってくれる女性を募集しているとの事。

その募集も「早くしないと(自分が)売り切れちゃうよ」と宣伝していました(笑)

それも、すでにsold outになったようです!

本当に売り切れで再入荷予定なしとしているみたいです。

これは、良い再婚相手が見つかったのかもしれませんね!

もう離婚はせず幸せを願います。

農業界の武井壮!タケノコ王風岡直宏さんの嫁とフェラーリとの離婚原因は?

直売処の場所!!

直売処のお店の情報も載せておきます!

【風岡たけのこ園】

いいね: