Ayasa プロフィール

画像掲載元

本名 島村絢沙

生年月日 1991年10月19日

出身地 東京都

3歳からバイオリンを始めます。

桐朋学園附属子供のための音楽教室から、桐朋女子高等学校音楽家入学。

桐朋学園大学音楽部演奏学科卒業。

●受賞歴

“第15回日本クラシック音楽コンクール”中学生の部 全校大会入賞

“第19回日本クラシック音楽コンクール“高校生の部 全国大会第4位(1位・2位該当者無し)

“世界クラシック” シニアの部 銅メダル

“東京サミット音楽コンクール” 銀賞(最高位)

その他、多数入賞

また、国内外の有名なオーケストラとコンサートを開いています。

身長や体重は?

非公開ですが、おおよその身長と体重は以下の通りです。

身長 165cm〜166cm

体重 43kg〜45kg

出典:http://www.pressseven.com

いろいろ調べてみましたが、皆さんも大体このような数字をあげています。身長と体重から想像するとかなりなスレンダーですが、画像で見る限りでもそれくらいの身長と体重に見えますね。

音楽活動やなりたかった職業は?

19歳の時は路上ライブを500回こなす程の、ストイックさだったそうです。2011年〜2015年、「Do As Infinity」や浜崎あゆみの楽曲を手掛けた音楽プロデューサーD・A・I率いる「Sword of the Far East」でロックバイオリニストとして活動しています。この活動は2015年まで続けましたが、どうして辞めてしまったのか?それは「バイオリニストとしてもっと成長するために勉強をしたい。ソリストとして様々な活動をしたいと思うようになった」としています。この時、2013年に西武ドームの『ももクロ』のコンサートで演奏し、話題に。そこまで有名になったAYASAさんですが、実は“モデル志望”だったのだそうです。

image

高校1年生の春にスカウトされます。その事務所はNHKの朝ドラのヒロインにしたかったそうですが、本人は演技はあまり好きではなく、やはりモデルになりたかったのだそう。そんなAyasaさんが奏でるバイオリン、“クラシック”と“ロック”の演奏の仕方は違うの?では、何が違うのか?

 

“ロックバイオリン”を選んだ理由!

バイオリンというと演奏会に行かなければ聞く事が出来ないというような、とても敷居の高いイメージになっていますね。

掲載元

その敷居を低くし、もっといろんな人達にバイオリンの良さ、演奏を知ってもら

いたいと、ロックバイオリンを始めたのだそうです。そのような理由から500回位を軽く超える路上ライブを行って来たのだそう。

そして・・・

“クラシック”と“ロック”の大きな違いは?

image

演奏はクラシックの技法を利用する事が多く、大きく違う点は“演奏時の体の動き”なのだそう。クラシックの場合は体を動かす事により、音がブレてしまう為、良しとしませんが“ロックバイオリン”の場合は、演奏している姿をカッコ良いと思ってもらえるように弾く事なのだそうです。

image

それに、クラシックの場合のように、音がぶれないように、体の動きに気をつけながら演奏すると、どんなに良い音楽でも聴衆に飽きられてしまうのだそう。演奏中の動きは、ギターリストのパフォーマンスを見たり、ヴォーカルのパフォーマンスを見て研究しているそうですよ。

 

 

それにしても妖艶で、暗がりでこそ光り輝く様なイメージ。カッコイイですね!

まとめ

http://matome.naver.jp/

演奏の形に捕われないAyasaさん。そこにはバイオリンを心から愛し、そして多くの人々にバイオリンを知ってもらいたいという熱い想いが込められていたのですね。

最後に、動画をどうぞ!