“冷んやりグッズ”フル装備のマツコ、30℃超の中で涼しさを体感

日常に潜む興味深い“知らない世界”をスペシャリストがマツコ・デラックスに紹介していく『マツコの知らない世界』。7月19日(火)よる8:57からは、「3大CMホテルの世界」と「冷んやりグッズの世界」を放送する。

image

3大CMホテルでお馴染み“ハトヤ”・“塩原”・“三日月” 。これらの世界を語るのは、年間200泊する日本唯一のホテル評論家、瀧澤信秋。
かつては憧れだった高級ホテルも、いまやリーズナブルな価格で泊まれるようになり、こちら3大ホテルには、あわせて年間83万人の来客があるという。
オーシャンビューが一望できる絶景イチオシ客室、滞在中の楽しみ方、圧巻クオリティのバイキングなど、リピーターが支持する人気の理由を紹介する。
冷んやりグッズの世界を語るのは、26年間冷んやりグッズの進化を見続けてきた主婦、横川鼓弓。
「打倒!!ラニーニャ!」とばかりに、横川が、洋服や寝具に使える熱中対策用スプレー、首元を可愛く冷やすバリエーション豊富なサマースカーフ、体感温度を10℃下げる日傘、タオルに氷を作るスプレーなど、厳選グッズを紹介していく。
また、この夏を快適に乗り切る方法を提案。冷んやりグッズをフル装備したマツコが、30℃を超えるスタジオ内で、その涼しさを体感する。

MCはマツコ・デラックス。

この『マツコの知らない世界』は、7月19日(火) よる8:57〜10:00、TBS系で放送される。

引用元:http://music-book.jp/video/news/news/121426

『マツコの知らない世界』で、三大CMホテル「三日月」「ハトヤ」「塩原」を紹介!

 

7月19日の『マツコの知らない世界』で、三大CMホテル「三日月」「ハトヤ」「塩原」が紹介されます。

image

「三日月」は千葉県の「竜宮城スパホテル三日月」、「ハトヤ」は静岡県にある「ホテルサンハトヤ」、「塩原」は栃木県の「ホテルニュー塩原」です。三大CMホテル「三日月」「ハトヤ」「塩原」の場所や費用、おすすめの理由などをまとめてみました。

『マツコの知らない世界』で、紹介される三大CMホテル「三日月」「ハトヤ」「塩原」は、

  • 竜宮城スパホテル三日月
  • ホテルサンハトヤ
  • ホテルニュー塩原

の略です。それぞれ、独自のCMで、見ている人たちの目を引いたり、興味を引いている3大CMホテルです。一つずつ見ていきましょう。

竜宮城スパホテル三日月

竜宮城スパホテル三日月の詳細は、

  • 〒292-0006 千葉県木更津市北浜町1番地
  • 0438-41-8111
  • HP 竜宮城スパホテル三日月
  • 料金 1名12,000~(1泊2食付、平日、1室4名、税別)
  • 小学生は、70%

宿泊翌日は、スパの入場料1000円(大人)600円(子供)がかかります。

 

大体の場所は、

竜宮城スパホテル三日月

アクアラインを渡ったあたりにあるようですね。

平成28年の5月には、新館が増設されて、かなり、スケールとグレードがアップしました。CMでもやっていますが、プールや、エステ、バイキングなど、1日中、親子で楽しめるホテルです。その割に、お値段もそう高くはないですから、ディズニーランドに行くよりも、楽しいかもしれません。スパは、日帰りでも楽しめます。

平日、大人1500円、子供1100円

土日祝日、大人2000円、子供1600円です。

ただ、夏期料金も設定されています。7月9日から、8月28日のあいだ、つまり夏休み中は、

平日、大人2300円、子供1400円

土日祝日、大人2600円、子供1600円です。

料理の費用は、ディナーバイキングが、

  • 大人 5000円
  • こども 3500円

ランチバイキングが

  • 大人1600円
  • こども1400円
  • 幼児(4歳から)1000円

です。(税別)

他にも、和食や中華、お好み焼き、そばやなどがあります。入浴料とセットのお得なプランもありますので、ぜひ、HPで確認してみてください。ただ、舛添さんのおかげで、だいぶ有名になってしまったので、予約がとりにくくなっているようなので、夏休みの計画をされていれば、早めに予約された方が良いと思います。

ホテルサンハトヤ

ホテルサンハトヤは、

  • 〒414-0002 静岡県伊東市湯川572-12
  • 0557-36-4126
  • HP ホテルサンハトヤ
  • 料金 1泊2食付で12000円~

こちらも、日帰りの食事つきで、入浴などが楽しめるプランもあります。

場所は、

サンホテルハトヤ

熱海から、もうちょっと先の感じです。サンホテルハトヤさんの特徴は、オーシャンビューの客室と、スパや、海底温泉、古代ビーチ(水着)、渚プール、お魚風呂、釣り堀などがあります!夜は、毎晩行われるディナーショーを見ながら、バイキングを食べることができます。

こちらのホテルも、かなり満員で、平日も予約は摂ることが難しくなっています。行く日程が決まったら、初めに部屋だけ抑えるとか、考えられた方が良いと思います。

ホテルニュー塩原

ホテルニュー塩原さんは、

ホテルニュー塩原さんは、大江戸温泉物語グループです。なので、バイキングや、ディナーショーなどのイベントも豊富で、しかも、他のホテルに比べて格安で楽しむことができます。場所は、

ホテルニュー塩原

 

かなり、山奥で、行きにくそうですが、完全予約制で、条件もありますが、那須塩原駅からの送迎があります。ちなみに、アクセスの時間は、

  • 東北自動車道西那須野塩原ICから20分
  • 那須塩原駅よりJRバス塩原温泉バスターミナルより徒歩4分

ホテルニュー塩原さんは、271室ありますので、予約に関しては、かなり余裕がありますが、日程的に良い日は、すでに満室です。なので、こちらも早く予約されることをお勧めします。