最後は病室に台本を持ち込んだ役者魂!

 

14日に72歳で死去した俳優の渡瀬恒彦さんは、がんとの闘病後も変わらぬペースでドラマ出演を続け、

 

亡くなる直前まで仕事に意欲を燃やしていた。

 

胆のうがんが見つかったのは2年前。兄の俳優、渡哲也さん(75)は「当初よりステージ4、余命1年の告知を受けておりましたので、

 

今日の日が来る覚悟はしておりましたものの、弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません」と談話を発表した。

 



やくざ映画でデビューしたが、テレビドラマでは人情味あふれる刑事役が多かった。

 

放送開始12年目に入るテレビ朝日系の連続ドラマ「警視庁捜査一課9係」の新シリーズは、予定通り来月から放送される。

 

当初から共演している俳優、井ノ原快彦さん(40)は「渡瀬さんは僕の同志であり、尊敬する恩師です。これからも変わらず、大好きです」とコメントした。

 

TBS系の単発ドラマ「十津川警部シリーズ」は1992年以来、54作が制作された。

 

俳優、伊東四朗さん(79)は「私よりずっと若い渡瀬さんが亡くなった事にショックを受けています。

 

来月ドラマでご一緒するはずでした。お帰りなさいと言うつもりでしたのにさようならになるとは……」と悼んだ。

 

転載:Yahoo




 

V6井ノ原が感謝

 

渡瀬恒彦さんの死去を受けて、テレビ朝日系のドラマ「警視庁捜査一課9係」で共演していた人気グループ「V6」の井ノ原快彦さん。

 

「思い出が多すぎて、今は何から話していいかわかりません。渡瀬さんは僕の同志であり、尊敬する恩師です。これからも変わらず、大好きです」

 

とのコメントを発表しました。

 

井ノ原さんはドラマで渡瀬さんとのコンビ役の刑事として出演していましたので、思い出も感謝もより深いでしょうね。