父母に捨てられて極貧の幼少期を過ごした俳優の風間トオルさん(53)が、
自分を捨てた父親が今になって支援を求めてくることを6日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月-金曜、前9時50分)の取材に対して明かしたみたいですね!
風間の両親は5歳のころに離婚、風間は父親の方に引き取られた。祖父母が同居していたが、父親は
「いつの間にかいなくなっちゃった」
風間は以後、祖父母に育てられた。
年金暮らしの祖父母は貧しく、風間は河原の草を採ってきて食べるなど、極貧生活を強いられた。
中学校へ進学する前には父親の家を訪ねたこともあったが、「もうそろそろ遅いから帰れ」
と言われ、同居することはなかった。
やがて風間は高校を卒業し、モデル業を経て俳優に。その頃、風間が出演している舞台を父親が訪ねてきて、差し入れをしてくれたが、楽屋へは顔を出さなかったという。
その後も父親は風間が出演する舞台に顔を出し、やがて生活費を求めてくるようになった。
「困ると電話がかかってくるんです。生活のために資金が欲しいとか、そういう時は。
『何とかしてくれるんじゃないか』と思っていると思いますよ」
と、風間は淡々と語った。
そんな父親に対して、風間は
「親父は親父の人生だから。オレはお婆ちゃんに育ててもらってよかった。親父はいなくて良かったのかもしれない。いたら、オレはグレてたかもしれませんね」
と、自らの人生を冷静に語った。
その上で、
「オレを生んでくれた人だから、最後まで面倒はみたいと思っています」
と、父親の生活は今後も支援し続けるつもりだ。
yahoo

凄いですね。
自分を捨てた人に対して最後まで面倒をみる。
風間トオルさん、男ですね!
そんな風間トオルさんのプロフィールはコチラ⬇︎

image

THE PROFILE OF ACTOR

[芸名]風間トオル
[本名]須藤光春(すどうみつはる)
[生年月日]1962年8月19日(52歳)
[出身]神奈川県川崎市中原区
[身長]175cm
[体重]62㎏
[血液型]O型
[所属事務所]有限会社ゴールフェイス

THE HISTORY OF ACTOR

21歳のとき、「メンズノンノ」でノンノ・ボーイフレンドに選ばれ、モデルの仕事から芸能界に足を踏み入れる。

それから1989年4月、26歳のときにテレビドラマ『ハートに火をつけて!』にて俳優としてデビューする。役者としての仕事も順調に入り、1992年にはテレビドラマ『偽りのハネムーン』にて初主演を担う。

今も十分にお若くてかっこいいのですが、
昔も当然ながら抜群にカッコ良かったため
さも当たり前のようにモテモテだったようです。

若い頃

image

SMAPの木村拓哉さんに似てるとも言われていますが
確かに若い頃は雰囲気かなり近いですよね。

ギガ貧乏な少年時代

風間トオルさんはイケメン俳優として
これまで第一線で活躍してきていますので
多くの人は普通に金持ちな印象しかないのかも知れません。
しかしながら、その実態はかなり違っていて
風間さんはその昔、超絶な貧乏生活を送っていたのです。
それはもう貧乏というよりも、
生き残ることを目的としているかのようなレベルの生活です。
まず、食べ物がない。
ということでその辺に生えている草を食べたり、
虫をほうばったり、川の水を飲んだり砂・土を食べたり、石を舐めたり。
普通におおよそ食べ物と思えないものを
食べて腹の足しにしていたのです。
野にある全ての生物が、もはや食べ物である、大自然の恵みということ。
というか、もう完全に野生児です。
そのおかげで胃が鍛えられてちょっとやそっとでは
お腹が痛くならなくなったんだとか・・・。
・・・全然羨ましくない(;´∀`)
また、
「草は食べて大丈夫なのとダメなのがあって、
見分けが付くようになった」
「ティッシュも食べていたが、
それよりも俺はアサガオの方が好きだった」
「炎天下の石は、舐めると香ばしい味がして美味しかった」
などという伝説級のコメントを残してもいます。
というか、これでは栄養がまず心配ですよね。
また、他にもまだまだ仰天エピソードがあります。
「虫歯になったときに治療費が払えないからペンチでその歯を抜いていた」
これもちょっと考えられないですよね。。。
「洗濯機の中に入ってスイッチオンして回っていた」
この奇行の理由は、自分の体を洗うのもそうなんですが、
さらに服を着たまま入れば服も一緒に洗えたからだとか。
今の洗濯機では恐らく動かないでしょうが、
30年以上前のは危険に対しての配慮が行き届いていなかったでしょうからね。
これは間違いなく一歩間違えば・・・という行為です。
総じて、本当によく生き残れたなと思います。
そんな風間トオルさんだからこそ、常に溢れた現在があるんだと思います。
これからも、風間トオルさんに期待しましょう!
素晴らしいです(^_^)