Pocket

デミタスの意味は?

「デミタス」はフランス語で、「demi(ドゥミ)」は「半分の」という意味を表す接頭語,
「tasse(タッス)」は「コーヒーカップ」のことで,直訳すると「demi-tasse」は「カップ半分」ということです。
ですので「デミタス」はコーヒー豆の種類とか入れ方ではありません。
もとはエスプレッソという、コーヒー粉に高圧蒸気を通していれた濃いコーヒーを入れる専門のカップです。
濃いコーヒーですから小さいめのカップでちょうどよかったのじゃないでしょうか。
普通に入れたコーヒーは普通の大きさのカップに入れます。
コーヒー専門店などに行くとメニューにちゃんと「エスプレッソ」があって
デミカップで出てくるところがあります。

20101014-112803

デミタスカップとは?

そもそもデミタスカップとは
フランス語で”半分のカップ”という意味です。

”デミ”が半分で”タス”がカップです。

つまり、デミタスで意味が通じることになりますが
世間一般ではデミタスカップで通っていますので、
この後もデミタスカップと記載しますね。

それで、デミタスカップを何に使うかですが、
エスプレッソというコーヒーを入れるために使います。

エスプレッソとは高圧で短時間で抽出した濃いコーヒーのことです。

エスプレッソはとても濃いため
普段我々が飲んでいるドリップコーヒーのように
コーヒーカップいっぱいに飲めるものではありません。

デミタスカップは60ml~90mlの容量があり、
実際のエスプレッソは20ml~30mlと少ないです。
一口か二口ぐらいしかありません。

ちなみに、コーヒーカップは120ml~150mlくらいあります。

スタバなどで、エスプレッソが何なのかを知らずに注文して、
こんなに小さいの?損した気分…とならないように気を付けましょう。

デミタスカップの使い道

img

デミタスカップを個人で持っている方もいると思います。

ただ、デミタスカップはエスプレッソ専用なので、
ドリップコーヒーには向きません。

また、エスプレッソマシーンがないと
エスプレッソが入れられないため、
デミタスカップの使い道がなくなってしまいます。

そうするとデミタスカップは捨てるしかないのでしょうか?

いいえ、使い道によってはデミタスカップも再利用できます。

私個人の意見ですが、
土や水のいらないエアプランツの入れ物として
デミタスカップを使うのがおススメです。

ミニ観葉植物でもいいのですが、
水をやったり土いじりしたりと面倒です。

ですが、エアプランツですと
土を使わないためカップは汚れませんし、
空気中から水分を取るため水やりもいりません。

ソーサーの上にのっけたデミタスカップに
エアプランツを入れれば、
お部屋のインテリアのアクセントとして
かわいく素敵ではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カフェでエスプレッソを入れるために使われるデミタスカップですが、
使い方によってはかわいい小物にもなりますね。