失踪騒ぎを起こしていたタレントの岡本夏生(50)が14日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜1・55)の直撃取材に応じ「もうテレビに出ることはないと思う」とテレビからの引退を示唆した。

 3月29日にTOKYO MX「5時に夢中!」の火曜コメンテーターを電撃卒業して以来、ブログ更新を停止し音信不通になっていた岡本。お笑いタレントのふかわりょう(41)とのトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~『ガチハル!』」を今月11日から3日間開催する予定だったが、初日に舞台上で逆切れするなど暴走し、12、13日の出演は取りやめとなった。

 岡本はミヤネ屋の直撃に、ほぼすっぴん状態だったことから「ヤダ。こんなひどい状態で(カメラを)回さないでちょうだい」と述べた。

 イベントには出演しないにも関わらず会場に訪れた理由について問われると、「あたしはブログをアップする時間もなくて説明する時間もない。遠くから、たぶん日本中から駆けつけてくれたファンの方たちに生存確認だけでもしないと、ということで。生きてますよっていうことと、ご心配をおかけしましたということと」と音信不通騒動や、失踪騒動があったことから、ファンに元気な姿を見せたかったことを理由にあげた。放送では、岡本が会場のファンに手を振り、ファンも手を振る姿が映された。

 「ガチハル」初日の11日、ふかわと大げんかがあったとされる。これについて聞かれると岡本は「説明は一切できないのよ。相手のあることだから。勝手に言うと自分に都合のいいように話をすり替えるって言われちゃうから」と詳細については語らなかった。

 イベントに2日間、出演しなかったことについて岡本は「おわびとか、経緯とかしなくてはいけないと思っています」などとブログでファンに謝罪することを考えていることを明かした。

 また、今後について、「テレビの世界に出ることはほぼほぼないと思うので。今までもそうでしたけど。なので、こうやってイベントをやったりトークショーをやったり。地道に自分の等身大に合った活動を食べられる程度で頑張っていければいいかなと。年も50を回りましたので。ひっそりとテレビ以外の世界で生きていこうかなと思っています」などとテレビ出演については消極的な考えを示した。
Yahoo
GGyksrPrb2JQqEp_8125

非常に寂しいですね。

あの過激な発言なんかにも、「実はみんなもこんな風に思っているんじゃ?」と思わせるような。触れてはいけない部分にあえて触れて行くという、非常に自分に正直な意見を言ってました。

最近本音に程良く近い発言。よく言われる過激な発言が許されなくなってきていますね。

少し前であれば故人やしきたかじんさんなどですね。

こういう生の声を聞かせてくれる方たちがどんどん居なくなっていって非常に寂しさを覚えます。

本当にTVの世界からきえてしまうのでしょうか?

生の声を切り込める少ない方の一人。

どうにか留まってほしいものですね。

続報を待ちましょう!

皆さんも、知っている事があれば教えて下さいね!

岡本夏生!降板・失踪・喧嘩の真相!コチラも御覧下さい↓
リンク