サッカー日本代表のMF本田圭佑(29=ACミラン)が熊本地震の被災地支援のため、熊本県に1000万円を寄付した。23日、所属事務所が発表した。

公式サイトで「こういう時だからこそ各々に与えられた役割を行動に移すことが求められているんじゃないでしょうか」とつづっていた通り、今回、行動に移した。

「このように発表することで、寄付という形や金額ではなく多くの人に“それぞれができることを行動に移してほしい”」 という本人の強い意向があり、今回の公表となった。

yahoo

ミランに所属する日本代表MF本田圭佑が、熊本地震を受け、被災地支援のため熊本県に1000万円を寄付した。23日、同選手の所属事務所『HONDA ESTILO』が発表した。

本田は地震発生から2日後の16日に、自身の公式WEBサイト(http://keisuke-honda.com/)を更新し、「自粛のニュースを目にしますが僕は自粛するのは間違ってると思います。こういう時だからこそ、各々に与えられた役割を行動に移すことが求められているんじゃないでしょうか」と、持論を述べていた。

同事務所は、「このように発表することで、寄付という形や金額ではなく多くの人に“それぞれができることを行動に移してほしい”という本人の強い意向があり、あえてこのようなかたちで発表させていただきました」と、発表した理由を説明している。

本田圭祐さんの意思がバリバリ伝わってきますね。

この行動は流石です!

 

嫁との馴れ初めは?

高校時代にサッカー部に所属していた本田圭佑選手が出場していた試合に

他校のマネージャーとして今の嫁さんが来ていて、

それが初めての出会いとなったそうです。

ちなみに、付き合う原因となった馴れ初めですが

現在の嫁さんに一目ぼれした本田選手が「俺と付き合ってくれ」

といきなり告白し、嫁さんが「はい。」とすぐに答えてくれたことが始まりだったそうです。

青春ですね。羨ましいです。

お互い一目惚れってやつですねコレは!

今や本田さんは世界で活躍するプレイヤーになってますから、嫁さんからしたら凄い玉の輿ですね。

 

目が病気?

image.jpeg

この頃から、目の病気ではないかと、明らかに目がおかしいと、ネットでも噂をされていた本田圭佑。

image.jpeg

写真、確かに左目と右目の動きが違う。

両目が左右に動いている感じだ。左目が、少し垂れているようにも思える。一見、試合中の画像だから、こういう風に写ってしまったのではないかと思われるが、本田圭佑は、ある病気にかかっていたらしい。
もともと目が大きい選手なので、目の異変には皆さんすぐ気付きましたよね。流石の本田圭佑も目の異常は隠せなかったのか?そこである病院へ行き、目の手術を受けることに。目の手術と言っても視力回復のモノである。

 

実際、この頃は、目の病気ではなく、視力矯正のレーシック手術を受けたことが影響しているのではないかと、報道されていた。

確かに、レーシック手術を受けた本田圭佑は、視力が大幅に回復して、本人も満足していた。視力は、2.0まで回復したらしい。凄い回復力ですよね。やはりスポーツ選手だからこそ、視力は大切ですからね。

確かに写真を見る限りだと、目に違和感がありますね。

レーシック手術で目が良くなったそうですので、ひとまず安心ですね。

今後また悪化しなければいいのですが・・・

年俸は?

image.png

本田圭佑のミランでの年俸は、7億7000万円という破格の条件で契約期間は3年半との記事が多く見られますね。

年俸の総額は出来高などのオプション分を除いても合計で、約27億円(当時のレートになりますが)。

とてつもない額を、ミランは本田圭佑に投資しましたね。そのくらいの価値がある選手なのでしょう。この年俸に勝利給などのオプションを含めると、最高で10億円ぐらいになるそうです。

税金も多く取られ、手取りでは4億5000万円位とのこと。スケールが違う話ですね。

10億円って半端ないですね。

手取りの額を見ただけでも、もはや意味がわかりませんw

さすが世界のトッププレイヤーは違いますね!

本田圭祐選手の名言は?

最後は本田選手の名言集で締めましょう。

何で他人が俺の進む道を決めんねん。
自分の道は、自分が決める。

壁があったら殴って壊す。道が無ければこの手で作る。
挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。
だから成功するまで諦めないだけ。

僕は毎日、こうなりたいというイメージを頭のなかに描いている。
でも強い相手と1試合すると、そうやってイメージする以上に明確 になりたい自分の姿がはっきりと見えてくる。

俺なんて全然、天才タイプじゃないし。
それで才能がないから諦めろなんて言われたらどんだけの人が一瞬で諦めなきゃあかんねん。

まずは相手のやりたいサッカーをできる限りやる。
そのうえで自分のやりたいサッカーもやらせてもらう。

流石ですね!
意思の強さがハッキリしています!
スターとはいう事も一味も二味も違うという事ですね!