エコノミークラス症候群

飛行機などに長時間座り続けた乗客が血行障害による呼吸困難に陥る「エコノミークラス症候群」。実は飛行機に限らず、長距離バスや鉄道、あるいは日常のデスクワークでも同じ姿勢を続けると発症する恐れがある。発症に気づかないまま突然死に至るという怖い一面を持つだけに、予防法を知っておいたほうがいいです。

 

心がけ次第で予防できる

最近の航空各社は、室内でできる簡単な体操を搭乗客にビデオで見せたり、エコノミークラス症候群について記した冊子を配って注意を呼び掛けています。

同症候群は「肺動脈血栓塞栓(そくせん)症」といいます。発症のメカニズムは次の通りです。長時間同じ姿勢をとり続けると、足の静脈に血管をふさぐ血のかたまり(血栓)ができる。席を立つなど体を動かすのをきっかけに血栓が血管を流れ始め、心臓を経由して肺の動脈に達すると、血管をふさいで呼吸困難に陥ります。

座ったままできる足の運動例

もともと、この病期は手術後の安静を求められる入院患者などの間に症例が知られていた。飛行機の乗客でも77年ごろから発症が報告されていましたが、機内で死亡することはまれなうえ、因果関係の証明が難しく、さほど重要視されなかったようせす。長時間ノンストップ便が増加し、中高年者の海外旅行が増えて注目度が高まったといえます。

埼玉医科大学・心臓病センターの松村誠・超音波検査研究室長は、20-40代の男性を対象にした実験で、「航空機内は肺動脈塞栓症を起こしやすい状況」との結論に至った。航空自衛隊の低圧実験室で機内環境を再現、血圧、血中酸素飽和度などのデータをとったところ、気圧の低い機内では血液の流れが遅くなるうえ、血小板の働きが鈍ることがわかった。いずれも血栓の誘因となる。

「機内という特殊環境だけでなく、高脂血症、糖尿病などの危険因子がある人には、日常の暮らしでも起こりうる」というのは、東京慈恵会医科大学の一杉正仁医師だ。一杉医師は、同じ姿勢で2時間いすに座った後の血液の粘度の変化を20代前半の男性10人で測った。腕には変化がなかったのに、足の血液の粘度は平均18%高まりました。

エコノミークラス症候群の危険因子

機内での環境や行動

●気圧、湿度が低い
●長時間の同一姿勢
●水分の摂取不足
●アルコール飲料の飲み過ぎ
●喫煙

注意すべき人、持病

●高脂血症
●糖尿病
●多血症
●外傷
●妊婦
●経口避妊薬の服用

「足は心臓より低く、遠い位置にあるため、筋肉の収縮による助けで血液を円滑に流している。長時間足を動かさないまま過ごすと、血液の流れが遅くなったり、血管がもろくなったりして血栓ができやすくなる」とみています。

このためバスや鉄道の長時間乗車、長時間のデスクワーク、徹夜マージャンなどでも発症の恐れがあります。

予防のポイントは、十分な水分摂取と足の運動を心掛けることに尽きる。低気圧で湿度も低い機内は、血栓の原因になる脱水症状に陥りやすいです。飛行機に乗る前から水分を補給しておく事。ちなみに足のむくみは脱水症状のサインです。アルコール飲料は代謝の際に水を使うので、飲み過ぎは逆効果です。

運動はトイレのついでの屈伸なども良いですが、イラストのような体操なら座ったままでもできます。日本航空では長距離路線で流す体操のビデオについて、これまでの上半身中心のストレッチから、足の体操も加える方向で近く見直す予定みたいですね。

エコノミークラス症候群は、搭乗による影響がどこまであるかなど、まだ分からないことが多いみたいです。全国で実態調査に乗り出した航空医学研究センターの津久井一平所長は「定義やデータの取り方が定まっていない現状を見直す必要がある」と指摘しています。死亡例もある怖い症状ではありますが、「予防策を講じれば、恐れることはない」というのが医療関係者の大方の見解です。過剰反応して、むやみに機内を歩き回ることは危険なので避けて下さいね。

 

厚生労働省厚生労働科学研究事業「難治性疾患克服研究」
血液凝固異常症研究班による予防・対策レポートです。

 

深部静脈血栓症/肺塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)の予防Q&A
(一般の方々のために)

Q1.  深部静脈血栓症/肺塞栓症とはどんな病気ですか?

長時間足を動かさずに同じ姿勢でいると、足の深部にある静脈に血のかたまり(深部静脈血栓)ができて、この血のかたまりの一部が血流にのって肺に流れて肺の血管を閉塞してしまう(肺塞栓)危険があります。これを深部静脈血栓症/肺塞栓症といいます。

Q2. どのような症状が起こるのですか?

初期症状は大腿から下の脚に発赤、腫脹、痛み等の症状が出現します。このような症状が発生したら急いで医療機関を受診する必要があります。

足にできた血栓が肺に詰まると、胸痛、呼吸困難、失神等の症状が出現し、大変危険な状態になります。

Q3. 予防する方法はありますか?

  • 長時間同じ(特に車中等での窮屈な)姿勢でいないようにしましょう。
  • 足の運動をしましょう。
    (例)

    • 足や足の指をこまめに動かす。
    • 1時間に1度は、かかとの上下運動(20―30回程度)をする。
    • 歩く(3-5分程度)。
  • 適度な水分を取りましょう。
  • 時々深呼吸をしましょう。

Q4.  深部静脈血栓症/肺塞栓症が起こりやすい人はいますか?

(1)高齢者、(2)下肢静脈瘤、(3)下肢の手術、(4)骨折等のけが、(5)悪性腫瘍(がん)、(6)過去に深部静脈血栓症、心筋梗塞、脳梗塞等を起こした事がある、(7)肥満、(8)経口避妊薬(ピル)を使用、(9)妊娠中または出産直後、(10)生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症等)がある等の方は特に注意が必要です。

厚生労働省厚生労働科学研究事業「難治性疾患克服研究」
血液凝固異常症研究班による