Pocket

スポンサーリンク



さてさて、かりそめ天国と言えばやっぱり話題は久保田直子アナウンサー!

 

そんな久保田直子は、ホントに色々と言われている。

 

例えばアレだ!

 

足が臭いおばさんと言われる。

 

カラコンをしていると論争。かなりの爆笑展開・・・笑い声!

 

衣装や日焼けが可愛い?

 

いや、可愛くない?

 

などなど、いろいろと言われているな。

 

なんだかんだ言われながら、そんな彼女は愛されているのだが・・・・

 

あんまりこんなことばっか言ってると

 

面白い gifまとめ

 

いつかワシもカウンター喰らうぞホンマ!!!!

 

面白い gifまとめ

 

いや、こんな風にか???

 

わかんないけど、自重っす(・∀・)

 

いや、ワシは彼女を高評価しとる!!!

 

凄いアナウンサーだ!

 

うん。

 

じゃあ、今回の記事の内容をタイトルに沿って書いていってみようと思う。

 

では行きますぞい!!!

 

かりそめ天国の久保田直子アナをマツコが絶賛?足臭いおばさんを番組に抜擢した理由は?

スポンサーリンク


 

久保田直子のプロフィール

久保田直子(くぼたなおこ)

出身地 東京都町田市
生年月日 1981年9月28日
血液型 A型
最終学歴 立教大学社会学部
勤務局 テレビ朝日
活動期間 2005年 –

バラエティー初担当。

情報系をメインとして活躍していた久保田直子アナウンサーですが、2017年4月5日から始まった「マツコ&有吉 かりそめ天国」で初のバラエティーアシスタントを担当。

 

30オーバーの“カラコン論争“ 「この年齢で盛る必要はあるのか?」

 

4月19日の放送回で、

 

「なんだそれは」

 

「35歳の女性アナがカラコンなんて!」と

 

マツコ・デラックスと有吉弘行から総攻撃を受ける久保田直子。

 

久保田直子は

 

「裸は見せられても、カラコンは取れない」

 

「カラコンを外した姿は誰にも見せたことがない!」と、

 

マツコ&有吉に真っ向対立した。

 

意外なほど、カラコンへの執着を見せる久保田直子。

 

「カラコンの目は嘘の目だ」と主張するマツコ&有吉。

 

そんなマツコと有吉は、実際にカラコンを付けてもらう場面も。

 

 

うは!

 

マツコ普通に迫力がヤバイ!

 

ドラキュラか?

 

なんだ?

 

ちと怖いぞワシャ!!!

 

で、続いて有吉!

 

 

有吉がファービーにしか見えない!

 

これはいい感じですな!

 

面白い!

スポンサーリンク


ファービーと言えばアレだ!

 

私が幼い頃、自分のおじいちゃんが良く怒って追いかけてくることがあった。

 

今思えば、完璧にワシが悪いんだが・・・・・・・

 

で、子供ながらにそのおじいさんが追いかけてくるという修正を利用して何とか悪戯できないものか?

 

なんてのを考えていた!

 

で、ひらめいたのだ!

 

これはやるしかないと、ある日またおじいさんの神経を逆なでするような行動に出たのだ!

 

追いかけてくるおじいさん!

 

逃げるワシ!

 

そこでワシはいつもと違い、逃げる方向を自分の家にしたのだ。

 

うん。

 

まんまと自分の家の玄関に入り込んで、鍵を締めてやったよ!

 

数秒後、怒り狂うおじいさん到着!

 

うん。

 

普通に恐ろしかったが、ここで私はファービーを玄関先に置いて離れて監視に徹した。

 

当然鍵の締まった玄関は開くことなく、おじいさんがドアノブを激しく上下する音と、叫ぶ声がこだまする。

 

すると、こんな現象が怒ったのだ。

 

現象?

 

まぁいい。

 

こんな出来事が起こったのだ!

スポンサーリンク


お爺「あけんか!鍵開けんか!」

 

ファービー「ワァ~オ!ボクコワ~イ!」

 

お爺「・・・・・・誰や貴様~!!!」

 

ファービー「フェヘヘヘ!フェヘヘヘ!」

 

お爺「開けんか!開けろ言うとろうが!!!」

 

ファービー「ボクネム~イ~」

 

お爺「貴様舐めとんのかぁ~」

 

みたいなやり取りがあったのを思い出したよ。

 

うん。

 

懐かしい。

 

そのお爺さんの怒りの熱も冷めて、数日がたったある日のこと、ひょんなことからファービーとおじいさんが隣りに座ることになった。

 

ファービー「ボクコワ~イ!!!」

 

お爺「・・・・・ん?何処かで効いたことあるような・・・・」

 

危険信号を察知したワシは、その場を素早く離脱した。

 

-完

 

うん。

 

大きく話がそれてしまったので、強引に戻そうと思う。

スポンサーリンク


・・・・・・・・・・はい!戻った!

 

そうそう、こんなやり取りはバラエティ番組だからこそ出せる久保田直子の新たな一面。

 

本人もバラエティ初挑戦に近しと覚悟を持って望んでいたに違いないから、コレくらいのことは覚悟していたはず・・・

 

だが周りは違った。

 

小島慶子がこのカラコン騒動をみて、有吉&マツコに批判をしたのだ!

 

転載:画像

 

「え?!誰がカラコン入れようと勝手じゃない?年齢がどうとか、ただの嫌がらせじゃない?ドン引き… 」

 

「わー驚いた その人がなに着ようとどんな化粧しようと、それはその人自身の選択なんだからいいじゃないの。

趣味が違うなら、黙っとけばいいだけじゃないの。なんで年齢を理由に人前で批判するの。

それ、普通にやったらいじめだよ。テレビだとなんでもありなのか?」

 

うん。

 

まぁ、正論である。

 

正論だが、テレビでバラエティ。

 

そこんとこ考えるとちょっと違うような気もする。

 

どうしても、笑いが存在する場面には、ボケた側と突っ込む側が存在するもの。

 

形はどうあれ、本来の形であることには変わりない。

 

ワシは、この辺のいざこざがニュースになることが既にバラエティの衰退につながってしまうんではないか?

 

と少し危機感ありますな。

 

で、この小島慶子のコメントに対して、特にマツコや有吉からのコメントは存在しない。

 

相手にしてないか、自重の意味を込めてのノーコメントなんだろう。

 

うん。

 

コレにコメントできないのは仕方ない。

 

うん。

 

そうだ・・・・

スポンサーリンク


 

次のページへ!!