Pocket

スポンサーリンク


バトミントンの選手ある桃田賢斗の真の強さとはなんだ?

転載:画像

 

桃田賢斗選手は、現在23歳の若いスポーツ選手である。

 

世界ランク2位まで登る詰めて、リオ五輪の金メダル候補までいった選手。

 

だが、2016年4月に違法賭博行為で無期限の試合出場停止処分を受けた。

 

桃田賢斗!違法スロットで更に危ぶまれる東京オリンピック出場!

 

桃田賢斗が賭博の罪!オリンピック消滅・・・本当の国籍はどこ?

 

西本拳太も違法賭博!代表から除外!出身中学・高校・大学は?

現在、桃田賢斗選手の無期限の試合出場停止処分が明けてから4か月が経過した。

 

その間、国内や海外の試合で6大会に出場。

 

それらの試合ごコメントには、常に『感謝』という言葉が入っている。

 

大きく変わった・・・

 

「感謝の気持ちを持ってプレーできた」

 

「感謝の気持ちを忘れず、1試合ずつ、自分らしく戦う」

 

などのコメントが必ずと言っていいほどある。

 

これは、桃田賢斗選手が、バドミントンができるありがたさ、感謝の気持ちが芽生えたという気持ちから来ている。

 

バトミントンが出来ることが当たり前ではないという気持ちといったところから来ている。

 

そんな意味の『感謝』の気持ち。

 

あと、まわりの人たちや会社の方々が支えてくれているという『感謝』の気持ちも大きい。

 

桃田賢斗の真の強さは、復帰後の試合で感じられた1点の執着心。

スポンサーリンク


~桃田賢斗の真の強さを感じるコメント~

負けたくないとの思いが前より強くなった。
試合だけでなく、コート外でも、
日常の過ごし方1つから取り組み方が変わってきた。

バドミントンのことをずっと考えて、
練習時間も増えた。

 

海外遠征中もバドミントンのことしか考えていない。
そこは(感謝の気持ちを持つ)いいところ。

 

桃田賢斗選手のの真の強さは、このコメントから来ているのが伝わってくる。

 

改心した男。若くして逆境に立たされた選手。

 

世間の目が冷たい時もあるだろうが、復帰してバドミントンが出来る喜びを感じながら、プレーして成長をして行って欲しい。

ホント、まだまだ若いですからね!

 

うん!

 

2020年の東京オリンピックの金メダリスト目指して頑張って欲しい!

 

ガンバレ!