Pocket

スポンサーリンク



福岡ソフトバンクホークス松坂大輔投手。

 

MLBアメリカ・メジャーリーグから日本球界に復帰して今年で3年目

 

今年は福岡ソフトバンクホークスと3年12億円と言われる契約の最終年と言われている。

 

ソフトバンクとの契約も、残りが今年2017年の1年のみとなった松坂大輔投手ですが、ここに来てソフトバンクホークスの地元福岡に、新築の超高級マンションを購入したとのニュースが飛び込んで来た。

 

果たしてこの行動は、今後に向けて何を意味するのか?

 

家族や、現在の愛車などと共に、松坂大輔投手のプライベート生活をチェックしてみたいと思う。

スポンサーリンク


今年で引退覚悟なのか?

 

体調面の不調が続き、3年契約の最終年となる今年まで、目立った活躍が出来ていない、福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手。

 

今シーズンは、オープン戦の時期から何度か好投が見られたものの、ローテーションの関係で開幕時には1軍に残れなかった。

 

ただ、開幕後の2軍の試合で、明らかにこれまでの2年間よりは復活を感じさせる投球が見られていた。

 

松坂投手自身も、今年で契約が終わる訳ですし、流石にそろそろ何か結果を残さないと、来年は戦力外通告されて引退に追い込まれる危機を感じ取っているのではないかと思う。

 

そんなシーズン序盤、同じくメジャー帰りで1軍の先発ローテーションの一翼を担っていた和田毅投手が、左肘の張りを訴えて登録抹消となってしまった為、

 

その抜けた穴を埋める役として、松坂大輔投手に1軍昇格の声が掛かった。

 

ここまでの過去2年間の不甲斐ないソフトバンクホークスでの選手生活を、一気に名誉挽回出来るチャンスが到来した訳だが、

 

なんと松坂大輔投手は「何となく肩の不調を感じて・・・」という理由で1軍昇格を辞退してしまったのだ。

 

ここまで来たら、多少無理をしてでも球団にアピールした方が今後の印象が良くなるのでは?

 

と誰もが思っていた所を見事に裏切られてしまった。

 

こりゃもう、今シーズンもリハビリ中のままで終了して、今年限りで引退を覚悟しているのかも?」って皆さん思ったはずだ。

 

だが・・・

スポンサーリンク


 

 

ソフトバンク松坂大輔投手(37)が26日、来季も現役続行する意向を明言した。

右肩のリハビリを終え、この日から福岡・筑後市のファーム施設に戻り、リハビリ組に合流。40メートルのキャッチボールを行った。3年12億円(推定)の大型契約で日本球界に復帰し、最終年の今季は1軍登板はない。復帰をあきらめない姿勢を強調し、今後は契約延長の意思がある球団側と条件面を含めた話し合いを行う。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00013156-nksports-base

 

ここにきて現役続行宣言!

 

うん。

 

調べてみよう!

 

福岡に超高級マンション購入の訳

 

そんな状況で、もしかしたら今年限りで福岡を離れる事になるかもしれない松坂大輔投手だが、ここに来てなんと、ここ福岡の地に建つ超高級マンションを購入したと報じられたのでビックリだ。

 

福岡・博多駅から車で20分。有名な大濠公園の近くに、建ったばかりのスタイリッシュなマンションがある。5階建てで部屋数も限られた最高級マンションだ。最上階は“2階建て”のペントハウスになっている。

今年3月、個人事務所名義でポンと3億6千万円を払い、その部屋を購入したのが地元・福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手(36)だ。

出典:yahooニュース

 

なんと!3億6000万円ですって!

 

失礼な言い方だが「福岡にもそんな超高額物件有るんだね〜」なんて思って調べてみたら、幾つも3億円越えの物件が見つかってビックリした

 

松坂大輔投手と言えば、日本プロ野球の埼玉西武ライオンズからポスティング移籍した時に、家族共々移籍先の「ボストン・レッドソックス」のホームタウンであるボストンに移り住んだ。

 

奥様である倫世夫人は、教育や医療環境の充実したボストンがとてもお気に入りの様で、

 

3人のお子様をこの地でずっと育てたいと決心している様で、松坂大輔投手がレッドソックスから他のメジャーチームへ移籍した際も、

 

奥様と子供達はボストンに残り、松坂大輔投手ただ一人、同じアメリカ国内で単身赴任を続けて来た。

 

そして当然の事ながら、松坂大輔投手が2年前に電撃的に日本球界に復帰した時も、やはり家族はボストンに住み続け、松坂大輔投手一人、帰国して単身赴任を続けて来た訳だ。

 

松坂家の生活の本拠地は、あくまでもアメリカ・ボストンであり、日本は仮住まいの地であると言うスタンスをこの先も取るものと思われいる。

 

ですから、松坂大輔投手が日本に居る内は、何処かの高級賃貸マンションを借りて住み、それを契約終了まで続けて行くものと想像していた。

 

それが、今回の超高級マンション購入のニュース。

 

一体、どう言った事情からの、今回の購入なのか?

 

謎は深まるばかりだ・・・・

スポンサーリンク