Pocket

相棒season15の14話のあらすじネタバレ!

第14話のあらすじ。

今から一年前に右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が遭遇した謎の立てこもり事件。

膠着状態に陥る中、右京は尊(及川光博)から犯人の要求している女性・吉井聡美(及川莉乃)に関する情報を入手する。

尊によると、すでに亡くなっている彼女の死因は自殺の可能性が高いのだが、

なぜかその前の2か月余り幼い息子と姿を消していた時期があるという。

いっぽう、亘は右京が立てこもり犯と目星をつけている新堂司(田中偉登)という高校生の家族について調べていた。

司の父・誠(永野典勝)は法務省矯正局のホープだが、家族に暴力をふるっていた疑いがあり、妻や子供たちと別居中であることが判明。

さらに、誠が女性蔑視の思想を持つ団体の会員であることも分かる。

その団体には、省庁の重役も多く、警察庁長官官房総務課長の山崎(菅原大吉)も名を連ねていた。

司は、誠から逃げるためにシェルターに身を寄せていた母と妹を通じて、同じくDVから逃れようとしていた聡美と知り合ったのではないか?

しかし、だとしたらなぜ司は真渕(三浦英)に重傷を負わせ、人質を取って立てこもりなどしているのか…!?

そんな中、右京の依頼で真渕のパソコンを調べていた米沢(六角精児)の報告である疑惑が浮上し、

右京は真渕になりすまして立てこもりを続ける司の真の目的を察知。

人質を含め全員を無傷で確保しようと動き出す。しかし、立てこもり犯が真渕でないことが公となり、

司が危機的な状況に陥ってしまう。そんな中、なぜか事件を隠蔽しようと暗躍する山崎により、特殊部隊の強行突入が刻一刻と迫っていた。

立てこもり事件を起こした高校生の本当の目的とは!?
右京と亘は真実を解明し、巨悪の陰謀を阻止できるのか?
衝撃のラストが、「劇場版IV」に関連する因縁をもたらす!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0014/
スポンサーリンク



後編の見どころはなんといっても、神戸さんと右京さんの対面です!

 

神戸さんが亘(反町隆史)のことを語っていた前編は、

 

相棒ファンにとっては貴重なすごいことですよね。

 

事件の真相だけでなくて、そういった相棒同窓会みたいなところも今回の見どころですね。

 

シリーズが長いだけに、歴史の謎が紐解かれていくような感覚に、

 

皆さん興奮間違い無し!

 

やっぱり・・・新堂(しんどう)一課は夫のDVから逃げていたんですね~。

 

ということは、聡美さんは夫に殺されたのかな??って。

 

立てこもり犯の新堂司君は絶対に悪くない気がするから、殺されてしまうか今から心配です!!

スポンサーリンク