Pocket

スポンサーリンク


~黒革の手帖~最終話視聴率

最終話平均視聴率は、13.0%!

 

最終話では自己最高平均視聴率を記録し、全話平均視聴率は11.24%

 

2004年の米倉涼子版の~黒革の手帖~の平均視聴率は15.7%だったため、及ばずだった。

 

しかし、主演武井咲の妊娠発表後の7話で視聴率は11.8%まで上昇し、最終回は13.0%と有終の美を飾ることが出来た。

 

色々と話題に尽きないドラマだったと思う。

 

 

こけなかった。

 

子のワンちゃんのように・・・・・

 

視聴率低迷期に10%越えを維持し、視聴者を増やし続けた~黒革の手帖~凄かったぞ!
スポンサーリンク


~黒革の手帖~最終話あらすじ

銀座の界隈で、元子が行方不明や夜逃げの噂が流れる中、

 

安島富夫(江口洋介)から渡された『都知事の政治団体に献金した1億の領収書』が入った封筒を手に、『カルネ』で村井に長谷川に取り次いでほしいと頼み込んだ。

そしてもう一度長谷川庄治(伊東四朗)に会う約束を取り付けた原口元子(武井咲)。

 

そして、長谷川の前で領収書を差し出した。

 

「この献金で、会長の息のかかった建設会社に、羽田空港の滑走路の拡張工事を請け負わせたってことですよね?この領収書が明るみになれば、贈収賄容疑で間違いなく都知事も会長も逮捕されます。」

 

何度どん底に突き落とされても諦めず『カルネ』の権利を返すよう迫る元子に、

 

長谷川は「ゆとり世代は何を考えているのかわからんと聞いていたが、君の度胸には感服だ」と、ついに要求を受け入れる。

『カルネ』の契約書を破棄、そして黒革の手帖、『ルダン』譲り受けることになった元子。

 

観念した長谷川が『ルダン』の覚書にサインをしたそのとき、思いがけない事態が…。

 

長谷川が発作を起こし、捺印を押す前に元子の前で息絶えてしまったのだ。

 

不慮の事故とはいえ、緊急電話をすれば元子は警察に事情聴取を受けることになる…それと。

 

元子は長谷川の手をとり、覚書に捺印を押したのだ。

その後、安島に助けを求め安島が後処理を請け負う事に…。

 

「俺はトラブル処理のプロ。」安島が行動にでる。

 

そしてその場を去る元子に、不審な人影が…。

 

夜、警察の事情聴取を受けた安島から、今後の指示を出された元子。

 

混乱の中、とうとう『カルネ』を取り戻した元子は、その足で銀座へ。

 

ママとして店に居座っていた山田波子(仲里依紗)に「さっさと出ていきなさい」と言い渡す。

 

直前に支配人の村井亨(滝藤賢一)と衝突していた波子は元子に再び敵対心を露わにする。

スポンサーリンク



一方その頃、楢林謙治(奥田瑛二)と中岡市子(高畑淳子)のもとに国税局査察部が。

 

脱税の疑いで『楢林クリニック』に強制捜査が入ったことで、市子はその事実に取り乱す!

 

さらに元子は橋田常雄(高嶋政伸)や岩村叡子(真矢ミキ)にも連絡をとり、ママとして再出発することを報告。

 

すると橋田から衝撃的な事実を明かされることになる。

 

覚書を手にしたその日、元子の去り際を携帯の画像に収められていたのだ。

 

「君が殺したんだろう…?」橋田は元子に詰め寄るも、「殺していない。」と断固拒否をする元子。

 

橋田が元子に身体の関係でもいいと詰め寄ったその時!

 

警察が元子の元へ任意同行で事情聴取をするとやってきた。

 

元子は、防犯カメラに映っていた事実と死亡時刻に元子は長谷川と2人でいた事を指摘された。

 

元子はその事実を認め、長谷川と男女の仲であった。そして銀座の女と一緒に居たと分かり、世間に明るみになれば長谷川の立場上迷惑になると答えた。

 

安島も同時刻に事情聴取を受けていた。そして、安島と元子のアリバイが一致したことに警察は元子を解放した。

 

こうして銀座に舞い戻った元子。これまで通りの日々が続いていくかのように見えたある日…?

 

元子に恨みのある波子が、市子と樽林の元へやってきた。

 

そして、黒革の手帖を盗むように市子に指示を出し、市子は元子の元から黒革の手帖を手に入れることに…。

 

そして、黒革の手帖を手にした市子は警察の元へ…。

 

安島の挙式の日、披露宴が行われる直前に東京地検特捜部が安島の元へ。

 

「ちょっとお話聞かせて貰いませんか?羽田空港の滑走路の拡張に伴う、斡旋・収賄の容疑です。」

 

同行をする為、挙式は中止。そしてその場を去る安島。

 

車に乗り込んだ安島はフッと笑みをこぼした。

 

無事に『ルダン』を開店することが出来た元子の元に警察が…。

 

そして元子もまた、安島と同様に不敵な笑みをこぼすのだった。

スポンサーリンク


【黒革の手帖】最終回感想

【黒革の手帖】が最終回を迎え、様々な視聴者の方の感想があった。

 

最後結婚式直前で中止になったのは、悪女の元子が安島を手に入れる為に仕組んだのか?と気になるラストだった。

 

市子が手帖を盗む事も想定内だったのか、と感服する視聴者の方の声もありました。

 

元子と安島のその後が気になる感じだ。

最後まで、橋田は元子に迫り続け、元子が何度もピンチに追い込まれた。

 

高嶋政伸の怪演が記憶に焼き付きそうだ。

スポンサーリンク