Pocket

スポンサーリンク


日産38車種リコール決定!日産検査不備公表の対応!

 

日産自動車は、新車の完成検査を無資格の従業員が行っていた問題。

 

それがあったため、乗用車など38車種の、計約116万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けでたようだ。

 

日産が以下の車種を対象に38車種リコールを発表。

 

日産検査不備公表で批判殺到!セレナは販売中止なのか?

日産検査不備公表で6万台販売停止!生産工場はどこだ?

日産検査不備公表で批判殺到!ネットの声がヤバイ!

【リコールの対象車種】

▼日産 ノート/セレナ/シルフィ/NV350キャラバン/バラメディック/エルグランド/

 

ジューク/アトラス/NV200バネット・NV200/GT-R/エクストレイル/スカイライン/

 

シビリアン/ウイングロード/NV150AD・AD・AD EXPERT/ムラーノ/ティアナ/フーガ/

 

シーマ/キューブ/フェアレディZ/リーフ/マーチ/ラティオ/e-NV200ほか。

 

無資格検査の始まった時期は判明してない。

 

発覚前に登録された後一度も車検を受けていない車に絞った。

 

国交省によると、完成検査は、保安基準に適合しているかを確かめる車検の1回目に当たる。

 

本来は国が1台ずつ検査するんだけど、大量生産・販売を可能にする

 

「型式指定」を受けていれば、メーカーが代行できる。

 

一般的に使われる「車検」は納車後の一定期間ごとに受ける2回目以降の車検を指し、

 

「継続検査」が正式名称。チェック対象は完成検査より少なく、

スポンサーリンク


塗装のムラや車体の細かな傷、内装のなめらかさなど商品性に関する項目は検査しない。

 

ただ、ブレーキの効き具合▽スピードメーターの精度

 

▽ヘッドライトの向き▽排ガス濃度▽燃料漏れの有無-

 

といった保安基準に関する部分は共通の検査項目となっている。

 

継続検査の方が分解を伴って点検される分、安全に走らせるという観点ではむしろ厳しくチェックされるという。

 

との事だ。

日産検査不備公表で批判殺到!セレナは販売中止なのか?

日産検査不備公表で6万台販売停止!生産工場はどこだ?

日産検査不備公表で批判殺到!ネットの声がヤバイ!

スポンサーリンク