Pocket

スポンサーリンク


白岳自然公園の看板犬 スズメバチから幼児らかばう 悲鳴で駆けつけ、自ら標的に

 

長崎県佐世保市江迎町の白岳自然公園では、ボーダーコリーのロン(オス、8歳)が看板犬として来園者を迎えている。

 

1日に近くの山で登山客がスズメバチの群れに襲われた際には、身をていしてかばい、客を避難させた。

 

飼い主で公園の所長、横松賢一さん(62)は「人を気遣うことができる犬だが、ここまでするとは思わなかった」と愛犬の勇気ある行動に驚いている。

「ワンちゃんだ。かわいい」。夕日が木々を金色に照らし始めた9日午後5時前。公園で遊び終わった家族連れがロンの元に駆け寄った。

 

体を触ったり体の上に乗ったり。思いのまま触れる子どもたちを穏やかに受け入れていた。

生後3カ月から看板犬を務めるロン。子ども好きな優しい性格で人気を集めてきた。

横松さんによると、登山客がスズメバチに襲われたのは1日午前11時ごろ。

 

幼児や小学校低学年の親子連れ約20人が参加していた。

 

下山ルートを探そうと草地に足を踏み入れた際、地面から約50匹のスズメバチが湧き上がった。子どもたちは悲鳴を上げてパニック状態に陥った。

スポンサーリンク



ロンはすぐさま駆けつけ、ハチを追い払おうとした。次第にハチの標的は黒色の毛を持つロンに。

 

参加者はその間に離れた場所に避難をできたという。

6人が足や首、頭などを刺されて救急車で運ばれたが、命に別条はなかった。

 

ロンが刺されたのは20カ所以上。治療を受けたが約1週間にわたって食欲不振や嘔吐(おうと)が続いた。

 

横松さんは「子どもが刺されたこと自体いいことではない」としながらも、「『何をしてるんだ』という怒りで立ち向かったのだろう。

 

ロンがいなかったらと思うとぞっとする」と振り返る。

 

傷を受けた後も看板犬として変わらず来場者を歓迎するロン。横松さんは「ロンは子どもたちが来てくれることが喜び。ぜひ遊びに来て」と呼び掛けている。

 

転載:Yahoo

コレは悲惨な状況だ・・・

スポンサーリンク


ネットの声!

 

「犬は愛情を持って接したら必ず返してくれる裏切らない生き物」

 

「涙止まらないわ、、痛かっただろうに辛かっただろうに。なんていい子なんだろう。」

 

「ロンの健気さに泣ける…」

 

「「ロン」は日本一!ひょっとしたら、桃太郎のお供をした犬の子孫かも知れない。」

 

「命がけだったんだね、ロン。 犬ってほんとに。。。( ; ; )」

 

「犬が刺されてるのは見殺しにしたんでしょ?結果オーライだっただけで。なんかやだな、それがこんな風に美談にされるの。悲しい・・・」

スポンサーリンク