Pocket

スポンサーリンク




羽生棋聖、史上初の「永世七冠」まであと1勝

 

将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第4局が23、24の両日、新潟県三条市で指され、

 

挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に勝ち、対戦成績を3勝1敗とした。あと1勝してタイトルを奪取すると、

 

竜王の獲得が通算7期となり、「永世竜王」の資格を得る。羽生棋聖は、既に六つのタイトルで永世称号の基準を満たしており、「永世七冠」となれば史上初の快挙だ.

 

永世称号の規定は、「通算5期獲得」「5連覇」など各タイトルごとに定められている。原則として引退後に名乗ることになる。

羽生棋聖は2008年、六つ目の永世称号「永世名人」の資格を獲得。同年と10年、残る「永世竜王」をかけて渡辺竜王と対戦したが、

 

いずれも敗れた。永世竜王の基準は「5連覇」か「通算7期獲得」。

スポンサーリンク




将棋界のタイトルは全部で八つある。今年新設された「叡王戦」には、永世称号の規定がない。

 

次の第5局は12月4、5の両日、鹿児島県指宿市で指される。(村瀬信也)

 

転載:サイト

 

ネット上の声!

 

「既に伝説の棋士だけど、さらに伝説を作ろうとしているね。今回で永世七冠、次のタイトルで100期、是非達成してほしい。」

 

「藤井四段も期待できるが、羽生さんの偉業はやはり別格だよね。
ぜひ次も勝って欲しい!
そして羽生さんが健在な内に藤井四段がガチで挑戦する機会があれば最高だな。」

スポンサーリンク



「まだまだ、現役バリバリ、今後こんな棋士が出てくるのかな?藤井棋士?どうかな〜」

 

「この人はやっぱり本物だなぁ」

 

「最後は羽生棋聖が結構余して勝っているのかと思ったが、渡辺竜王の数々の罠が凄かった。

一手しか正解手がない局面が何度かあり、アマ有段者でも何度も詰まさせれるような局面が多くて改めて最高峰の将棋の凄さを感じた。

 

羽生棋聖は永世竜王のチャンスは今回で4回目だが、後一勝なので次こそは勝ち切って欲しい。」

スポンサーリンク