Pocket

スポンサーリンク


アンネ・フランク謎の動画が公開!

アンネ・フランクといえば、『アンネの日記』の著者だ。

 

いま、急上昇している話題だ。

以下、時事ドットコム~

オランダ・アムステルダムの「アンネ・フランクの家(記念館)」は30日、動画共有サイト「ユーチューブ」への動画提供を始めた。

 

生前のアンネを撮った唯一の動画や、父親オットー・フランク氏(故人)のインタビューなどが見られる。

 

アンネの動画は、1941年のある日、隣人の結婚式の際、建物の窓から身を乗り出す姿を数秒間とらえた貴重な映像。

 

また、アパルトヘイト(人種隔離)撤廃運動を獄中で指導した南アフリカ共和国のマンデラ元大統領も登場。

 

「アンネの日記」を読んで勇気付けられた」と振り返っている。

 

このほか、記念館が来年4月28日にインターネット上に公開する予定のバーチャル記念館の予告映像も見られる。

 

オランダ・アムステルダムの「アンネ・フランクの家(記念館)」は30日、動画共有サイト「ユーチューブ」への動画提供を始めた。

 

生前のアンネを撮った唯一の動画や、父親オットー・フランク氏(故人)のインタビューなどが見られる。

その貴重なアンネの動画URLコチラになる↓

 

アンネの動画。

スポンサーリンク


密告者は本当にいたのだろうか?

 

アンネ・フランクの家族は、2年間アムステルダムの隠し部屋で、いつナチスに捕まり強制収容所行きになるか分からない不安とともに暮らしていたんだ。

ついにそれは起きてしまった。

 

1944年8月4日、捜査官が秘密を嗅ぎつけ、隠し扉の本棚の後ろで暮らしていた一家を検挙したのである。

逮捕されたユダヤ人8名のうち7名がホロコーストによって命を落とした。

 

ナチス政権下の恐怖を伝える日記を残したアンネもその1人だ。彼女はドイツのベルゲン・ベルゼン収容所でチフスにかかり15歳で亡くなった。

唯一生き残ったアンネの父オットーは数十年間、密告をした人物を探していた・・・・

転載:サイト

 

うん。

 

普通に怖いぞ。

 

色々と謎だらけで、本当に恐ろしい・・・

スポンサーリンク