Pocket

酒井若菜が水道橋博士と共演NG?10年以上も!?今でも一度も会っていないのは本当なの?

 

酒井若菜さんの水道橋博士との共演NGの話ですが、「行列のできる法律相談所」でおそらくタレントSとして名前が公表!

 

2013年にとある番組の控室にいた酒井若菜さん。その時に外から男性の話声が聞こえてきてその内容が当時、

 

酒井若菜さんが出演していたCMに対する演技に対しての言葉でした。なんとそれは、悪口に聞こえるような内容らしき声だったようです。

 

 

会話終わりに、普段はおとなしい性格の酒井さん。

 

そんな酒井さんもさすがにその時は耐えかねたみたいで、、外に出て近くにいたスタッフさんに

 

「今、ここで話してたの誰ですか!」と語気を強めて飛び出してったようです。

 

スタッフさんからは

 

「誰もいませんでしたよ」

 

と答えが返ってきたんですが、控え室に戻ろうとしドアノブに手をかけた時、

 

ふと隣の控え室が気になって張り紙をみると水道橋博士の名前が書いてあったという流れのようです.

 

酒井若菜と水道橋博士の関係?勘違いを気づかせてくれた先輩芸人のメッセージ!

 

酒井若菜さんと水道橋博士の関係を調べてみました。

 

水道橋博士が編集長を務めるメールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」に何度も酒井若菜さんの名前が上がってきているようです。

 

しかも、酒井若菜さんの単行本「酒井若菜と8人の男たち」の対談相手のひとりに水道橋博士が登場します。

 

最初の関係性はまったく問題のない、むしろ交流があったんだと思います。

 

酒井若菜さんは自分が出演したCMが水道橋博士に影でバカにされていた!ととらえてしまった事が、水道橋博士の発言が共演NGの引き金になったんでしょう。

 

ですがある日の事、この一件が自分の勘違いだったことを気づかされます。

 

それが自分の勘違いだったと気付くのはなんと10年後。

 

それはとある日、この話を酒井さんが仲のいい先輩芸人に話をしたようなんです。

 

先輩芸人との会話の内容・やり取り!

 

「あのさ、控え室の外の声、お前の控え室に丸聞こえだったんだよな」

「うん」

「てことは隣の控え室だった博士さんの控え室にも、丸聞こえだよな」

人に言われて初めて我に返ってハッとした。

これだけで、自分の間違いに気づいた。

でも幼稚な私は認められなかった。

数年前に自作自演のパラレルワールドで悲劇のヒロインを演じた以上、私は今更現実のみっともない自分に戻るわけにはいかなかった。

 

ただの意固地。なのに、言い訳一つ出てきやしない。先輩は続ける。

「普段大人しいお前がさ、控え室から出てって『誰ですか!』って怒ってるのも、博士さんに聞こえてるよな」

私は何も答えられない。

「あのな、本番直前のスタジオってな、スタッフみんな出演者の声聞こえてるんだよ。そんなの博士さんなら当たり前に分かってることなんだよ。

 

スタッフ全員いる所でわざわざその話題を出してくれて、自分はそのCMいいと思ってるって言ってくれたんだよ。そんなありがたいことあるかよ!何でわかんないんだよ!」

「だって」

「キッドさん二人がどれだけ妬まれて、どれだけいじめられてきたかなんて、芸人ならみんっな知ってるよ!

 

痛みを知ってる博士さんがさ、二十歳の子供捕まえてチクチクやるかよ。かわいそうねよしよしなんて人前でやるかよ。

 

優しさってさ、押し付けるもんじゃないんだよ。たけしさんの側で生きてきた人が、そんな無粋なことするか!よく考えな!」

 

引用元 酒井若菜ブログ ネオン堂より

スポンサーリンク


水道橋博士 画像

 

この先輩芸人の言葉ではじめて自分の勘違いに酒井さんは気づかされます。

 

先輩芸人のこの言葉がなければ、おそらく今でも共演NGのままだったでしょう。

 

勘違いのまま酒井若菜さんと水道橋博士は会うこともなかったのではないかと推測されます。誰にだってこういう事はあるかと思います。

 

普段仕事や生活のなかで、勘違いという自分勝手な感情で、それまで仲がよかったのに関係性が崩れてしまった・・・

 

なんてことがありますが、後に勘違いとわかっても、自分から謝りに行く事が少し照れくさいような感じがして、中々うまく関係性を修復できない。

 

ですが、そのままの関係を続けるのもイヤなものです。言葉の取り方や伝え方で揺れ動く感情のもと、関係性が崩れていってしまうというのは、ホントによくある話ですよ。

 

関係性の修復は?

 

そんな勘違いに気づきながらも、謝る機会がなかった酒井若菜さんですが、

 

2012年に自身のブログに綴った記事が本になることをきっかけで、水道橋博士さんとの縁がつながります。

 

自身のブログ本の帯タイトルを水道橋博士さんにダメもとで依頼すると、快く快諾されたことをきっかけに、このごかいやわだかまりが雪解けとなります。

 

そんな二人の現在の関係はというと、作家として尊敬もする水道橋博士さんの文章力や表現力の豊かさを学び、

 

自身も作家として活躍するなどに至ります。そして『酒井若菜と8人の男たち』という、

 

酒井さんにとって渾身の一冊では、二人の対談も実現し、お互い作家として良好な関係を築いているみたいです(笑)

 

どうやら二人の関係性は修復されたようです。

まとめ

今回のお二人のこのお話。

 

我々の日常にでも起こりえる非常に身近な一つのお話でした。

 

自分の知らない所で、勝手に勘違いされていて、関係性が壊れて行く・・・

 

そして気付けば疎遠になっていく。

 

そんな二人の10年にもおよぶすれ違いを描いた共演NG劇でした。

 

ただ、わだかまりもとけて本当によかったですね。

 

本当に良かった・・・

 

これからもお二人仲好く素晴らしい関係性を築いていって欲しいものです。

 

そして、今後もお二人の活躍を期待しております。

 

関連記事:【画像あり】酒井若菜が歯を抜いた!膠原病を告白!岡村との不仲説の真相は?