Pocket

 

さて、最近ドローンのカメラ付きの未来的なレース模様が注目されていますなぁ!

 

動画を見てもかなりの迫力でカッコいいんで、近い内に流行るんじゃないか?

 

なんて思うわけなんだが、我々庶民には実際は縁遠い物なんじゃないか?

 

高くて買えないんじゃないか?

 

買っても操縦に慣れる前に壊してしまうんじゃないか?

 

そもそも誰でも操縦していい物なのか?

 

もしかして、資格や免許が必要なんじゃないのか?

 

なんて色々と疑問に思う人も沢山いるんじゃないか?

 

・・・・・・・・・・・・

 

カ~ペッペッ!

 

所詮金持ちの道楽よ!

 

ふん!

 

昼ドラみたいな名前しやがって!

 

ドローンなんかこうしてやる!

 

 

ほほう!

 

良い感じにキャットも荒れていますなぁ(´・ω・`)

 

・・・・・・・・・・・・・

 

スポンサーリンク


とまぁ、そんな胸の内はさておき、実際ドローンの操縦資格に免許など必要になってくるのか?

 

ドローンの価格の相場はいくらくらいなのか?

 

いろいろ調べてきたのでまとめてみようと思う!

 

 

ドローン操縦士は資格試験や免許が必要?

 

実際にドローンを操縦するにあたって免許は必要になってくるのだろうか?

 

一般的な感覚からすると、ラジコンと何ら変わらなく感じるので、無免許で操縦できるのではないか?

 

そんな風に思う。

 

で、調べてみたんだが、結構な頻度で色んな方から

 

「ドローンって免許が必要なんですか?」

 

 

との問いかけがあるそうな!

 

あ~ね!

 

やっぱりやっぱり!

 

みんなきになってたんや!

 

で、免許が必要かどうか?

 

結論から言うと、

 

ドローンは免許はいらないそうだ!

 

というのも、ドローンを飛行するに当たっての「免許」は日本に存在しないようで、

 

誰でもドローンを飛行することが出来るとの事(*‘∀‘)

 

例えばの話、運転免許なら道路交通法に基いた技能や知識を得た上で、審査に合格すれば、運転免許を取得できる。

 

運転免許を取得すれば、クルマの運転が公道上で可能になるわけだ。

 

しかしドローンの飛行に関しては、免許というものは一切ない!

 

知識をつけるテストもなければ、技能のテストもない。

 

つまりは誰でも運転できるという訳だ!

 

ただ、民間が認める資格は存在するようだ。

 

だが、民間資格というのは、団体が技能や知識を認めただけの資格であり、分かりやすく言うと「検定」って言葉が似合うかも!

 

ドローンで俗に言われている資格というのは、金を払ってスクールに通って取得する検定だそうだ

 

「このひとは、ここまでドローンを飛行できますよ」と検定するもの。

 

との認識で間違いないだろう!

スポンサーリンク


航空法で規制対象の200g以上のドローン!ルールを守れば飛行できる?

 

ドローンは2つの種類があるそうな!

 

日本で定められる基準になる重量は、

 

ドローンの総重量が200g未満なのか?

 

それとも

 

200g以上なのか?

 

日本の法律の航空法が絡むとの事なんだとか。

 

難しいですなぁ!

 

だがしかし、諦めず調べてみた!

 

ネット上の波に乗ってみた!

 

すいすい~(・ω・)

スポンサーリンク


200g未満のドローン(値段)

 

一般的にトイドローンと言われているドローンらしい!

 

値段で言うと1万円前後で購入できるドローンは、航空法の対象になっていないという。

 

なんだって?

 

前々庶民的な価格で売ってるやん!

 

平安時代の貴族の蹴鞠(けまり)的な貴族ちゃうやん!

 

庶民やん!

 

めっさ庶民派やん!

 

ドローンにトロ~ン!

 

惚れてまうやろ(*‘∀‘)

 

・・・・・・・・・・・・・

 

つまりはアレ!

 

200g以下は、法律で縛りのないドローンと言えるわけやね!

 

200g以上のドローン

 

よくテレビなどで見かける空撮用のドローンの事を言うみたいだ。

 

この重量のあるドローンは日本の航空法の対象らしい!

 

などなどの飛行条件が入っているので、これを守らないと、違法として50万円以下の罰金を食らうらしい。

 

気を付けろ!

 

ドローンと万札は一緒に飛ぶ事も有るらしい!

 

これは衝撃だ!

 

しっかし、アレですな!

 

逆を言えば、航空法を守っていれば、規制対象のドローンでも誰でも飛行することが可能で、万札は一緒に飛ばないという事だ。

 

【ポイント2】航空法のルールを守れば、誰でも飛行可能!

 

(※違法エリアや違法条件で飛行させる時は、、国土交通省から許可・承認を得る必要がある。ただし、ハードルは高く、業務で使用する人が主に許可・承認を得られる)

スポンサーリンク


値段の相場は?まとめ!

 

皆さんが気になるドローンの値段の相場!

 

簡単に説明すると、さっきもいっているが、200g以下のドローンが1万円前後で売っていて、

 

撮影用など、本格的な物になってくると10万円を超える物がたくさんらしい。

 

うん。

 

本当のお遊び程度なら200g以下のドローンをオススメってとこかな?

 

航空法やらのややこしい規制にもかからず初心者でもまだ安心できそうだ!

 

今回調べて分かったことは、

 

  • ドローンを飛行させると違法になるエリアはダメよ~ダメダメ!
  • 目視外が夜間、イベントなどで飛行すると違法!ダメよ~ダメダメ
  • 人や物と30m以上離さないと違法!ダメよ~ダメダメ!
  • 200g以上で規制が掛かる!

 

皆さんも、色んな事を調べたうえで、ドローンを飛ばそう!

 

そして、決してドローンと一緒に万札まで飛ばさない様に注意してくれ!

 

以上で今回の記事を終わりにする!

スポンサーリンク