Pocket

スポンサーリンク



高一ミスコンの「松葉愛海」のキッズモデル時代の画像がかわいい!

 

『高一ミスコン』は高校一年生限定のミスコングランプリ受賞者は雑誌『Popteen』の専属モデルに!!!!

 

グランプリ・準グランプリ受賞者は『女子高生ミスコン』にセミファイナリストとして参加出来る権利!!!!

 

『女子高生ミスコン』は女子高校生が選ぶ女子高校生のNo.1を決めるミスコンである!

 

グランプリ受賞者はPR大使に任命、テレビ・雑誌などに出演大手芸能事務所へ所属できる権利が得られるまさに女子高校生からの成り上がりの図式の王道とも言えるミスコンだ!

 

松葉愛海のプロフィール!

あいみ 1

転載:画像

 

松葉 愛海(まつば あいみ)

 

血液型:O型
生年月日:2001年7月16日
趣味:メイク
特技:メイク

経歴:子供服ブランド『BANANA CHIPS』のモデル

 

松葉愛海(あいみ)は過去なんだが、子供服ブランド『BANANA CHIPS』のモデルをやっていた経歴があるようだ。

 

2010年5月(当時10歳)

 

その時からAmebaブログを開始している。

 

ファッション・メイクが大好きで、その頃からキッズモデルの活動をしていた。

 

松葉愛海はメイクがうまい!通っている高校は◯◯らしい!似ている芸能人はハーフ顔のダレノガレ明美?

 

黒川ひばり(高一ミスコン)の通う広島の高校はどこ?彼氏の名前は何?

 

田村月光のプロフィールや高校は?好きなお店や私服がオシャレじゃない?

 

石田莉奈は松葉愛海と同じ高校?水着やメイクにこだわる理由は彼氏?

 

吉田莉桜(りおちょん)の高校は?似てる芸能人は小島瑠璃子か検証!

 

ブログの更新は2012年8月で止まっているんだが、幼いながらも大人びた雰囲気の写真がたくさんあった

 

多くの女子が憧れる大人びた顔の代表格「ハーフ顔」をしているからだろうな。

 

コレも素質だ。

 

では、実際の子供の頃の写真を見ていこう!

 

画像①

 

画像②

 

画像③

 

画像④

 

「なんじゃなんじゃ?ホントに子供っぽくない雰囲気をしとる!!!」

 

と思われた方も多いんじゃないだろうか?

 

確かに雰囲気のある子だな!
スポンサーリンク


現在の松葉愛海!かわいい?かわいくない?

 

でも、まだ幼い頃の写真だから、「かわいい」と言われるのも頷ける!

 

皆さんはどう思う?

 

一部では

 

化粧が濃い!

若々しくない!

OL?

ホントに10代?

 

などなど、かわいいに否定的な意見もある。

 

また、

 

目が大きい。

大人びていてカワイイ!

カッコイイ!

美人!

 

などのかわいいに賛成派の意見もある!

 

個人的にはモデル扇子が抜群な美人に見えるんだが・・・

 

良ければ皆さんも意見くださいな!

 

高一ミスコン2017セミファイナリストがかわいくない?投票方法は?

 

松葉愛海の水着画像まとめ!高校はどこでメイクがうまいのはなぜ?

 

黒川ひばり(高一ミスコン)の通う広島の高校はどこ?彼氏の名前は何?

 

田村月光のプロフィールや高校は?好きなお店や私服がオシャレじゃない?

 

石田莉奈は松葉愛海と同じ高校?水着やメイクにこだわる理由は彼氏?

 

吉田莉桜(りおちょん)の高校は?似てる芸能人は小島瑠璃子か検証!

 

松葉愛海の兄・松葉龍之介が高一グランプリに激怒の真相は?

 

なんと、松葉愛海の兄である松葉龍之介が、今回の高一グランプリに関して怒っているとの噂がある!

 

それはSNS上らしく、色々と探していくと、Twitterで怒りのコメントと思われるモノが発見された!

 

それが、コチラ↓

 

うんうん。

 

これは兄妹仲いいなぁって感じです( ´∀`)

 

でも、確かに怒っていますね!

 

これはこれで、こんな怒りがあっても全然いいじゃないですか!

 

ってな感じですな!

 

Twitterを覗くと、そんな龍之介兄ちゃんは、結構ヤンチャな男性みたいだが、今では一児の父親であるようだ。

 

 

こういう兄妹仲も悪くない!

 

これも色んな形ある関係性の1つの美しい形ですな。

まとめ

 

高一グランプリのセミファイナリストである「松葉愛海」のキッズモデル時代。

 

かわいいorかわいくない?

兄・松葉龍之介の激怒の真相!

 

などなど書いていってみたが、アレだな!

 

松葉愛海は中々魅力的な大人びた風貌の持ち主であることがわかった!

 

うん。

 

こりゃあミスコンも期待できると思われる!

 

乞うご期待だ!

 

では、今回の記事はこのへんで締めさせてもらう。

 

また会いましょう!

スポンサーリンク