みんなは観ましたかな?

 

実写版映画「銀魂」

 

脚本・監督:福田雄一

原作:空知英秋

主題歌:UVERworld 「DCIDED」

 

予告動画カッコいいっすね!

 

やっぱり面白い(笑)

 

キャストは原作の銀魂のイメージぴったりなのが流石っす。

 

世間のそれわかる~!

 

ってのを何でもかんでも自分の物にしてしまう作品ってイメージ。

 

なんにでも染まれるし嫌味が無いからホントに最高っす!

 

ストーリーもかなり原作に忠実で変にアレンジしていないところが良かったぞ。

 

そしてやっぱり勇者ヨシヒコシリーズ!

 

福田雄一監督作品だなというのが感想として記憶に根付いたよ。

 




実写銀魂のキャストが本当にあっている!

 

銀魂の実写映画でキャスティングのそのうまさに驚いている!

 

今まで、色々なマンガ原作の実写化があった・・・

 

数々と失敗してきた・・・

 

でもそん中で、銀魂が一番成功しているんじゃないのか!?

 

と個人的には思わされたよ!

 

うん。

 

ホントに思ったよ。

 

銀さん役の小栗旬。新八役の菅田将暉。神楽役の橋本環奈という安定のキャラクターはもうバッチリなんだが、

 

長澤まさみのお妙さん!

 

真選組の3人、ズラも意外と違和感がなくてよかった。

 

特に奈々緒がめっちゃ似合ってた(笑)

 

高杉役は堂本剛!

 

いい味出してた。

 

渋みは堂本剛だからこそ出せたんだなきっと。

 

そして鉄子を演じた早見あかり。

 

改めて「綺麗やなぁ」と再認識した。

 

ビバリー(Beverly)は声がうるさい歌手?歌唱力は高いが評判が心配!(小栗旬の主演ドラマの主題歌を歌った方)

 

実写映画銀魂!ナウシカやシャアは誰?

 

油断すると見逃してしまうので、みんなも見るなら真剣に見よう。

 

映画の中にはアレだ!

 

もうみんな分かり切ってることが、おふざけ小ネタやパロディーがふんだんに使用される。

 

みんな絶対笑うっちゅうねん。

 

うん。

 

映画館でも笑いが起こってたから実際(笑)

 

で、アレ!

 

アニメでよくやってるガンダムネタとかナウシカネタまで出してきやがったよ(笑)

 

「本当にいいのか?」

 

なんて心配になってくるレベルの攻め方してた。

 

源外(ムロツヨシ)の工場にシャア専用ザクが実寸大で出て来てるくらいじゃ

 

いつも通りって感じに落ち着いて観ていた。

 

しかし、その後、

 

めっちゃメタボなシャアが出てきたのにはたまらず笑ってしまった。

 

シャアを演じていたのは六角精児

 

もうアレだ!

 

ファンのイメージをぶち壊しまくりのシャア!

 

みんな怒る気にもなれないくらい酷くてね・・・

 

うん。

 

ほんま面白いwww

 

で、ナウシカなんだが、ナウシカはアップが一瞬だった!

 

ホント、誰が演じていたのかちょっとわからなかったのが残念である。

 

ただ印象は、地味な感じの女の子であったかな?

 

分かり次第追記しますよってに!



ネタバレで、個人的に良かった役者!

 

来島また子の演技がフィット!

 

あれです!

 

やっぱり、アニメ観てた人でも、また子は似てるって思ったはずだ!

 

けっこうそのままのセリフが多かった!

 

また子やがいたらほんとこんな感じなんだろうと思わされたもんな。

 

基本的にはセリフは「映画銀魂~紅桜篇~」に準じている。

 

また子役の菜々緒すっげ~!

 

と思いながら観テた感じ。

 

うん。

 

凄かった(笑)

 

近藤さんは近藤さん。モザイク演出の近藤さん。

 

近藤勲局長。

 

中村勘九郎の演技はやはりうまし!

 

まさか、ふんどし一丁ではちみつを塗りたくってカブト虫を捕まえるシーンを実写。

 

・・・(笑)

 

流石近藤さんである。

 

あと、実写でもやってしまったモザイク処理が・・・

 

アカン。

 

ツボっす(笑)



まとめ

 

実写映画「銀魂」

 

うん、期待通りの映画で大満足だ。

 

やっぱり映画は映画館で観てこそだと感じたよ。

 

うん。

 

みんなもみるべし(笑)

 

では、今回はこの辺で記事を締めようと思う。

 

ではまた会いましょう!