Pocket

スポンサーリンク



プラージュ、ついに最終回!

プラージュのドラマ感想とネタバレ!最終回前のお話!

話題のドラマ「プラージュ」ついに完結

 

WOWOW連続ドラマW「プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス」がついに最終話を迎えた。

 

昨年の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」以来の主演作となる星野源、そして「逃げ恥」に出演してた石田ゆり子の共演が話題を読んだこの作品。

 

毎週土曜、週末の楽しみにしていた人たちもいたのではないだろうか。

プラージュのドラマ感想とネタバレ!最終回前のお話!

  第4話のあらすじ

 

まずここで、前回第4話のおさらいをしておこう。

 

貴生は美羽と向き合うことにより美羽の過去を知るが、そのあまりに過酷で辛い過去を抱えきれず、美羽の部屋から逃げ出してしまう。

 

その後、再判中の友樹の事件の内容を知った貴生は、事件を追うために偽名でプラージュに潜入していたフリーの記者である彰を説得しようと試みる。

 

彰は、貴生の説得、そしてプラージュの管理人である潤子の「前科を持っている人でも、やり直せる場が社会にあるべきなんじゃないか」という思いを受け、

 

樹字を書くことを辞めることにした。しかし、週刊誌はそれを許さず、彰が以前に提供していた情報からプラージュのことを「殺人シェアハウス」と名付け報じる。

 

また、その週刊誌の記事によって美羽は拐われてしまう。美羽の拐われる瞬間に偶然遭遇した彰は、美羽を載せる車を追った。
スポンサーリンク


最終話のあらすじ

 

彰からの連絡を受けて、プラージュの住人たちは美羽の救出へ向かう。

 

彰と合流し、美羽を助けようとするも、怪しい男たちによって阻まれてしまう。そこでリーダー格の男に貴生は美羽との関係性を聞かれた。

 

そのときの貴生の答えは「大切な友達」だった。しかし、男は貴生に衝撃の事実を伝える。

 

男は美羽が高校生時代殺人を犯したときの被害者であった少女の兄だったのだ。

 

間一髪警察が到着、そこから男たちとの争いに発展するも、美羽を助けることができた貴生。

 

しかし、被害者の兄である男が美羽を隙をついて刺し殺そうとナイフをもって襲ってきた。

 

なんとそれをかばい代わりに刺されてしまったのは彰だった。

 

彰は、病院に搬送される直前に貴生にあるUSBを託す。そのUSBにはなんと、過去に友樹が冤罪で逮捕されてしまった事件の真犯人は自分であると告白する内容が書かれていたのだった。

 

彰は、自分が犯人であることをバレないようにするため、プラージュに潜入し、友樹を追い詰める記事を書いていた。

 

しかし、そんな彰もプラージュに住む人たちが自分の犯した罪と向き合い、辛い回りの目を乗り越え、真っ直ぐに明るく生活していく姿に心を打たれていた。

 

その後、貴生は自らの思いを伝え再就職に成功する。

 

そして、プラージュを出る決意をした。それは、プラージュを必要とする誰かに、部屋を明け渡すためだった。

 

彰宛に潤子から送られた手紙には、美羽が介護の資格を取り介護士として働き始めたこと、

 

通彦は自分のデザインした服を売り始めていること、友樹が日雇いをやめ楽器店で働き始めたこと、紫織がスナックを借りランチ営業をして働いていること、

 

プラージュがまた賑わいを取り戻していること、貴生は相変わらずにコインパーキング営業職として働いていること、それぞれの明るい今が書かれていた。

 

彰は、刑務所の中で、涙ながらにその手紙を読んだ。

 

プラージュには、2部屋の空きができたが、潤子は1部屋を彰のために残すことにした。

 

プラージュはこれからも、再出発をしようとする人を、暖かく迎えれるだろう。

訳ありたちの再出発

 

貴生たち「前科」を抱える人間を社会は簡単に受け入れてくれない環境であることには、変わりはない。

 

しかし、その環境と向き合い、進んでいこうとする人間は、未来を明るくすることができることをプラージュは教えてくれた。

 

世の中の誰もが、人生でうまくいかないことがあり、理不尽なことに悩み、苦しむことがある。

 

だが、きっとプラージュのような暖かく、迎え入れてくれる場所はあるし、そこから再出発をすることができる。

 

きっと今日も、悩み進む人を、プラージュと、潤子さんは、暖かく迎え入れてくれることだろう。
スポンサーリンク