Pocket

スポンサーリンク


オノ・ヨーコが抗議した飲料のジョン・レモンとは?

 

転載:画像

 

[ロンドン 20日 ロイター] – ビートルズの故ジョン・レノンの妻でアーティストのオノ・ヨーコさんが、

 

レノンさんの名前をもじった「ジョン・レモン」の銘柄の飲料を英国で発売したポーランドの飲料メーカーに対し、商標権侵害だと抗議し、法的措置も辞さない姿勢を示した。

 

オノ・ヨーコさんの担当弁護士らは、販売店向けに、商標権を侵害した場合1日に5000ユーロ(約67万円)、1本販売するごとに500ユーロの支払いを請求される可能性があると警告。

 

これを受け、飲料メーカーは銘柄名を「オン・レモン」に変更することに同意した。

 

オノさんの弁護士は「ジョン・レモン・アイルランド」のフェイスブック投稿にレノンさんの画像が含まれていると指摘している。

 

また、宣伝資料に書かれたブランドロゴの横には「レット・イット・ビー」の文字や、丸メガネが添えられている。

 

飲料メーカー側の弁護士は権利侵害はなかったとし、ジョン・レモンの商標はジョン・レノンの商標が欧州連合(EU)に登録される2年前の2014年に登録済みとしている。

引用元

うん。


元ビートルズの故ジョン・レノンさんを殺害したマーク・デビッド・チャップマンの仮釈放が8月に迫り、レノンの妻オノ・ヨーコが抗議活動を行っている。

 

1980年12月8日、米ニューヨークの自宅前でレノンを射殺したチャップマン。

20年の無期刑で服役し、現在まで収監期間が延長されている。08年8月に服役が2年延長され、来月に6度目の仮釈放審査を受けることになっている。
オノは、仮釈放委員会に釈放取り消しを求める請願書を送っていると、弁護士が米デイリー・ニュース紙に語っている。
チャップマンの服役期間が終了した00年から2年ごとに、「(もし釈放されれば)あの悪夢が、混乱がよみがえることが恐ろしいのです。

私自身と2人の息子は、今後安心して生きられません」と書いた請願書を送付。また、釈放されたチャップマンの身の危険についても言及しているという。

 

レノンさんは、存命なら10月で70歳になるはずだった。
いろいろと思う所はありますね!

ジョン・レモンの味は?

色々と情報を漁っていくと、なんとジョン・レモンを飲んだことがある方がいるようです!
で、味の方はというと、ルバーブのエキス入りのレモネードだそう。
転載:画像
ルバーブだから色が紫っぽく、飲んでみたが、味は特に普通という感想。
まあピンクレモネードということでという感想。

似ている商品は、「スナップルピンクレモネード500ml」とかかな?

 

しっかし、なぜジョン・レモンなのか?
いや、レモンは分かるが、ジョン・レノンが、レノンの歌になんかルバーブをテーマにした曲があれば別だが、あるかな?
う~ん。コレはあれだな!
ジョン・レモンに対する日本からの回答としては、「オノ・ヨーカン」という名前のルバーブ入り羊羹を作るしかないな(笑)
 うんうん。
そういったことになったら面白い反面、商品のお話だから怖い怖い!
また問題になるのでは???
絶対にそんなことはヤメましょう!