Pocket

スポンサードリンク



村野武範 プロフィール

まずは、村野武範のプロフィールから紹介する。

スクリーンショット 2017-09-23 17.50.43.png
(引用元:日本タレント名鑑より)

本名:村野 武範(むらの たけのり)
生年月日:1945年4月19日
年齢:72歳
出身地:東京都
身長:176cm
血液型:A型
最終学歴:早稲田大学商学部

村野さんは、劇団文学座出身で
1969年にNHKで放送されたテレビドラマ『走れ玩具』の主演でデビューをすると

1971年には、映画『八月の濡れた砂』に出演し、一躍注目を浴びた。

 

その後、1972年に日本テレビで放送された学園ドラマ『飛び出せ!青春』の熱血教師役で人気を不動のものにした。

 


以降は多くの映画、ドラマ、バラエティ番組に出演。

 

中でも、長寿番組『くいしん坊!万才』では7代目食いしん坊(レポーター)を1988年1月から1990年12月にわたって務めたことは数多くの方の印象に残っている。

 

村野はこの食いしん坊での経験を生かし、赤坂・溜池山王にある割烹「ぐるめダイニング むらの」のオーナーを務め友人と共同経営しているそうな。

 

村野武範がん治療告白!咽頭がんを治したお話!

村野武範 現在は中咽頭がんステージ4から復帰!

 

 

そんな村野だが、本日9月23日、佐賀市で行われたイベントで、ガンにかかっていたことを初めて告白したそう。

村野はそこで2年前に中咽頭がんであることを宣告されたことを明かし、ステージ4で余命はあと僅かと医師から宣告されたそう。

村野は、その当時の心境を

 

「余命いくばくもないと言われたが実感がわかず、『はあ、そうですか』という感じだった」

 

そして「このまま死ぬんだ・・・」

スポンサードリンク



と思ったそうな・・・

 

村野の妻がガンについて調べてくれたそうで、そこで、陽子線治療というものを見つけ、村野はその治療を受けるために1ヵ月半入院をしたとの事。

そして、その治療により日常生活に復帰し、現在、転移や再発はないそうで定期検査だけを現在は受けているとのこと。

 

そんな村野さんは自身の経験から「あきらめなければいい道もある」という事を学んだと言っている。

 

で、その村野をガンから救った陽子線治療という治療法は???

 

となると思う。こちらからご覧ください↓

 

村野武範がん治療告白!咽頭がんを治した陽子線治療ってなに?
スポンサードリンク