Pocket

スポンサーリンク


村上 日本女子初の床運動金メダル!日体大同期の白井に続いた

 


体操・世界選手権最終日は8日、カナダ・モントリオールで種目別決勝が行われ、女子床運動で村上茉愛(21=日体大)が14・233点で、金メダルを獲得した。

 

日本勢の金メダルは54年ローマ大会で平均台を制した田中(現姓池田)敬子以来、2人目。床運動の優勝は初めてとなった。

 

6日の個人総合では金メダルも狙える状況で、平均台で落下して4位。

 

試合後は号泣して「種目別だけでも金メダルを」と意気込んでいた。

 

この日は種目別決勝の平均台を13・066点の4位で終え、勝負の床運動へ。

 

H難度の「シリバス(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)」を完璧に止め、ダイナミックさと大人っぽさを融合。

 

最初に演技した村上を誰も上回れず、世界の頂点に立った。

 

五輪翌年で休養する有力選手も多く、同種目予選トップのスミス(米国)が決勝を棄権するなどの幸運も生かした。

 

寺本明日香(21=中京大)は平均台で12・966点で6位だった。

 

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000147-spnannex-spo

村上茉愛の筋肉が凄い!!

村上茉愛の母から受けた殺人的な子育てとは?

村上茉愛日本女子初!

うん。

関連っす。

スポンサーリンク


 

元子役はNG出さず!

 

2週間前にモントリオールに入った。

 

だが、絶好調ではなかった。

 

本番を想定した練習でのミスが増えた・・・

 

日体大女子監督で代表の瀬尾コーチも

 

「通る確率も少ないし、調子悪いんじゃないの?」

 

と心配していたという。

 

想定外の体重減という不安もあった・・・

 

だが、子役としてドラマの出演経験がある21歳は、本番で致命的なNGを出さなかった!
スポンサーリンク