Pocket

スポンサーリンク


内田理央、高田に弟子入り!舞台でプロレスラー役、師匠も絶賛「清宮クラス」

 


モデルで女優の内田理央(26)が、元プロレスラーで格闘イベント「RIZIN」の統括本部長を務める高田延彦(55)に“弟子入り”したことが14日、分かった。

 

約3年ぶりの舞台「チョップ、ギロチン、垂直落下」でキックを得意とするプロレスラー役に挑戦する内田のため、

 

「平成の格闘王」がプロレス道を伝授した。東京・武蔵小山の高田道場で行われた魂の指導後に2人を直撃。素質を感じ取った高田は

 

「もしプロレスラーにならなかったら、女子プロ界の損失ですよ。野球でいえば清宮クラス」と絶賛した。

 

高田が構えたミット目掛けて内田のハイキックが飛ぶ。

 

「あと2000回!!」

 

「はい!!」

 

「もう少し膝を入れて。足を別の生き物みたいな感じで投げちゃって」

 

「はい!!」。

 

最初、心もとなかったミット音は、次第に蹴りの重さを伝えるものへと変わっていった。

スポンサーリンク


舞台で内田が演じるのは、キックを得意技とする女子プロ団体の花形レスラー。現役時代に多彩な蹴りで

 

「わがままな膝小僧」

 

の異名を誇った高田への“弟子入り”を直訴し、高田も

 

「やる気があるなら、出てこいやっ!!」と快諾。このほど、都内のジムで一緒に練習を行った。

 

内田は実際の女子プロ団体を訪れて武者修行し、RIZINに出場する女性格闘家・RENA(26)のジムでも汗を流して役作り中。

 

内田からコブラツイスト、変形卍固め、キャメルクラッチなどの技も受けた高田は

 

「女子プロまでいける素材。3、4年後にはRIZINのオファーもいくかもしれない。真珠・野沢オークライヤー(23)対だーりお(内田の愛称)。美女対決ですよ」

 

と格闘界で活躍する野沢直子の長女との対決をブチあげた。

絶賛には理由がある。

 

高田はプロレスの神髄を「目の前の相手ではなく、観客との勝負」と説く。

 

ゆえに「ある意味、舞台のお芝居と同じ」と女優業との共通項を感じている。

 

「常に客を意識。見栄を切りながら、大きく、激しくやるのが大事」と金言を贈り、プロレスと女優の二刀流が相乗効果をもたらすことを伝えた。

 

転載:デイリー

スポンサーリンク


 

焼けた肌内田理央!

 

さすがモデル!

 

さすが女性!

 

気になる所は気になる物。

 

うん。

 

内田理央には期待してまっせ!

スポンサーリンク