Pocket

スポンサーリンク


ほのかりん音楽活動で再起発表!

 

ゲスの極み乙女の川谷絵音(28)の元カノとして名前を知っている人も多いだろう。

 

うん。

 

ほのかりん(21)である。

ほのかりんが再起をかけて音楽活動を本格化したらしい!

 

来春にもフォーライフからアルバムを発売することが決定した!

 

エピソードは、ほのかりんは破局を乗り越え、

 

「与えられたチャンスを生かし、一人でも多くの人に私の曲を聴いてもらえるように頑張っていきたい」

 

と言った感じのバックボーン。

 

相当意気込んでいるようだ。

未成年で飲酒騒動で白羽の矢が立ったことも記憶に新しい。

 

話題性はあるが、逆風も当然たつだろう・・・

 

うん。

 

どうなるか見ものだな。

 

とりあえず、楽曲を発表できるチャンスは貰えたんだから、話はそっからになる。

スポンサーリンク


川谷との経緯とほのかりんの経歴!

 

ほのかは昨年9月、川谷との交際と未成年飲酒デートが報じられて騒動に。

 

芸能活動を自粛し、同年12月には所属事務所との契約を解除された。

 

その後も川谷との関係は続いたものの、夏前には破局したという。

 

もともとは中学生時代にティーン向けファッション誌のモデルとしてデビューし、

 

女優、タレントとしても活動してきたが、音楽志向が強く、12歳でギターを始めた。

 

2013年には友人のモデルらとガールズバンド「コムシコムサ」を結成し、16年に日本レコード協会主催イベント『Coming Next 2016』に出演。

 

その後はバンドを脱退し、ソロ歌手としての準備を進めていたところで契約を解除された。

 

今年7月には「自立しなければ」と奮起し、講談社主催のオーディション『ミスiD 2018』に自らエントリー。

 

応募の自己PRでは「とりあえず私は貪欲です。愛に。この機会を通してまた誰かに愛してもらうとか、応援してもらうとか、好きになってもらうとか、

 

自分を大事にできるようになったらいいなと思っている。

 

誰かにとって私じゃなきゃダメだって言ってもらえる、そんな女になりたい」と誓った。

 

応募者4500人の中からファイナリストに選ばれたことで関係者の目に留まり、9月に自身が作詞作曲した配信シングル「メロンソーダ」でソロ歌手デビューした。

 

フォーライフとアーティスト契約を結び、来春のアルバム発売に向けて、今月18日には新曲「東京」を配信リリースすることも決定。

 

同曲は『ミスiD』のオーディションで演奏した曲で、音楽関係者からの評価も高かったという。

 

2年前に書き上げた「東京」は、彼の帰りを東京で待っている女性の心情を歌った楽曲。

 

「恋している女の子だったら誰もが感じたことのある、そんな寂しさや、少しずるい心を歌っています。今まで作った作品の中で最も思い出のある曲、大切にしてきた作品」

 

という“勝負作”をリリースする。

 

10月4日には21歳となった。ツイッターではこの1年について

 

「早かったなぁ。本当にとっっても濃い一年でした。辛いことより、楽しかった事ばかり覚えています。それは私の周りにいる友達や応援してくれている皆のおかげ」

 

と振り返っている。

 

フォーライフの制作担当者は「ソングライターとしての才能は稀有なものを持っている。

 

同時にボーカリストとしても表現力が豊かでギターパフォーマンスもいい。

 

特に『東京』は既に一般からの問い合わせも多く、注目を集めるはず。レベルの高いシンガー・ソングライターとして育っていくと思う」と太鼓判を押し、

 

「まだ、21歳。失敗や挫折を繰り返すことでシンガー・ソングライターとして大きく成長していくと思う」と期待を寄せている。

 

スポンサーリンク


ほのかりん!ネットでの声!

 

 

「ゲスも10月に新曲出るぞ
「あなたには負けない」意味深やな」

 

「アウトデラックスにゲスが出てたね」
「本当の自分をさらけ出すスタイルで売っていきたくてわざと未成年飲酒バラしたんだろな」

 

「ヤフコメやめろよなwww
叩く体で釣ってんだろwww
気になって聴いちゃったじゃないか…
東京とメロンソーダーだけしか知らんが良いんでない?
もっと勢い一発の絶叫歌手かと想像したけどゲスの影響受けた子がやりそうな感じ
メロンソーダーのブス具合には驚いたけど東京はオシャレで良いね
この手の歌手は溢れてんだろうけどメディア御用達歌手にゃ居ない印象
事務所に上手いこと押してもらえれば何とかなるかもね」

スポンサーリンク