Pocket

スポンサーリンク


村田、涙の世界王者、視聴率は20・5% 選挙速報一色の中、瞬間最高も26・7%

 


◆報知新聞社後援 プロボクシング世界戦 ▽WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦 ○村田諒太(7回終了TKO)アッサン・エンダム●(22日、東京・両国国技館)

 

 

 

22日にフジテレビ系で放送されたプロボクシング世界戦WBA世界ミドル級タイトルマッチ・村田諒太―アッサン・エンダム戦の平均視聴率が20・5%

 

 

 

(午後8時14分から9時30分の平均)を記録したことが23日分かった。

 

 

 

瞬間最高視聴率も午後9時4分の26・7%。各局が第48回衆院選報道一色の中、好数字をたたき出した。

 

スポンサーリンク



この日のビッグマッチでは、ボクシング12年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBA同級1位の村田諒太(31)=帝拳=が、新王者に。

 

 

 

同級王者アッサン・エンダム(33)=フランス=に7回終了TKO勝ち。5月の王座決定戦で不可解な判定負けを喫したが、

 

 

 

ダイレクトリマッチ(直接の再戦)でリベンジに成功した。

 

 

 

日本人がミドル級で世界王者になるのは1995年12月の竹原慎二以来、2人目。日本人の五輪メダリストの世界王者は初の快挙となった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 

転載:Yahoo

 

いや~!

 

凄かったな!

スポンサーリンク