Pocket

スポンサーリンク


ハードルの木村文子が始球式

 


8月の陸上世界選手権女子100メートルハードルで、

 

日本女子初の準決勝進出を果たした木村文子(29)が24日、

 

セ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)の

 

ファイナルステージ第5戦

 

「広島—DeNA(マツダ)」の始球式に登板した。

スポンサーリンク


ワンバウンド投球を「ちょっと緊張しました」と笑顔で振り返った。

 

広島出身で

 

「緒方監督が選手のときからずっと見ている」

 

というカープ女子。

 

アドバンテージの1勝を含めて2勝3敗とCS突破に向け崖っぷちに立たされている広島に対し

 

「総力戦で戦われていると思う。力を発揮してほしいです」

 

とエールを送った。

 

転載:サイト

スポンサーリンク