Pocket

スポンサーリンク


俳優の河相我聞さん ブログ好評ネットでブレイク中 「家族全員フリーター」

 

「現在、家族全員フリーター」-。2人の息子との日々を、親しみやすい文章と独自の視点でつづるブログ

 

「お父さんの日記」が注目されている俳優の河相我聞(かあい・がもん)さん(42)。

 

あんまり好評だから書籍になって9月に宝島社(東京都千代田区)から出版された。「癒やされる」「笑える」とこちらも評判だ。

 

「父親としては完全にアウト。でも、子供2人がおもしろい」と語る河相さんだが、ブログの行間から垣間見える、“ダメ親父”なりの人生哲学や教育観も人気の理由のようだ。

 

■ブログでブレーク。でも、文章は苦手だった

 

河相さんが「かあいがもん」としてつづるブログ「お父さんの日記」。注目のきっかけは、今年6月に掲載した

 

「築50年の家(約10坪)をフルリフォームしたらいくらかかるか。」という投稿。

 

母親が所有する埼玉県内の一戸建てが空き家になっていることから、河相さんはリフォームを計画する。

 

偶然出会ったリフォーム業者とのやりとりをユーモアたっぷりに描写。最終的にリフォーム後の空き家がどうなったのか、予想外の見事なオチまでついた内容だった。

 

漫画家の瀧波ユカリさんがツイッターで紹介して一気に拡散した。それまで200程度だったブログへのアクセス数は一気に47万に増えた。

 

その後も、高校に進学したくない次男に対して、経験に基づいたアドバイスができるよう、中卒の河相さんが高卒認定試験を目指す投稿など、ブログを更新する都度ネットニュースに取り上げられるようになっている。

「演者としての自分を出さずに、文章で世界観を作っていきたいと始めたのが『お父さんの日記』。

 

タイトルにはこだわらず、どこにでもありそうなものにしたかったんです」と振り返る。

 

文章は苦手。作文が苦痛な小学生だった。

 

「作文はテーマが決まっていたのが嫌でした。ブログは自由なテーマで縛りがない。

 

自分の気持ちを書けるのがよかったんです。語彙があまりないので簡単な言葉をつなぎあわせて書いています」

 

書籍化の話がきたときは「『マジかあ』って。書籍になんねえかなって思ってましたが、こんなに早くお話がきて驚きました」と素直に喜ぶ。

スポンサーリンク


■毎日がおもしろいことだらけ

シングルファーザーの河相さん。2人の息子とのできごとを書くことが多いが、「息子たちと話すとおもしろいことがほぼほぼ毎日あるんです。

 

『ねえ、これブログに書いてもいい?』って聞いて、OKだったらメモします。それに前後の話をつけることが多いですね」。

 

たとえば、「不思議な家族」という投稿。河相さんが仕事に行く前の子供たちとの会話が紹介される。

 

河相さんは、殺人犯の役を演じることがある。

 

《長男「今日、帰りは遅いの?」

 

父さん「今日は夜に殺しがあるから時間がかかるかなぁ」

 

次男「今日はどうやって殺すの?」》

 

ユニークでほほえましいエピソードの一方、河相さんの人生哲学や教育観に触れる投稿も少なくない。

 

そういった投稿のひとつが、今年6月の「子ども達の将来について焼肉屋さんで家族会議をした」だ。

 

俳優を目指していた長男(23歳)がアルバイト生活をしていること、勉強嫌いの次男(15歳)は高校進学をせずに、なんとなく俳優を目指す傍ら、

 

バイトを始めようかという状況だったことを明かす。

 

そして、自身を《わたくしも会社員ではなく、常に決まった仕事があるわけでもなく、今はほぼほぼフリーで仕事をしているので、

 

現在、家族全員フリーターなんですよね。》と表現した。

 

「家族全員フリーター」という率直な表現が注目された。が、投稿を最後まで読むと、別の言葉が心に響く。

 

息子2人は将来についてどう考えているのか。河相さんは焼き肉屋で、「生きる」ことについての家族会議を開く。

 

息子2人から意見を聞き、2人が肉を食べる様子を見て、思う。

 

《「好きなようにしてもいいけど責任は自分で取りなさい」という言葉は父親が子どもにかける言葉としては自分にはなんだかしっくりこない。

 

「好きなようにするんだ、責任は一緒に取る」という父親でありたい。》

 

深い愛情と信頼が伝わってくる。

 

投稿からは、家族仲の良さも感じられる。子供とはけんかしないという。

 

「アニメや映画、趣味の話をしますね。『勉強しろ』とか『働け』とか言わないので楽しいでしょうね。まあ、父親として成立していないんですよ」

 

この方針は、自身の経験によるところが大きい。河相さんの兄は勉強ができた。そして医師になった。河相さんはといえば勉強は苦手だった。

 

「塾に通ったり、トレーニングペーパーを解いたりしていましたが無理だった。小学校3年で勉強が止まってます。

 

だから、子供に勉強しろって言っても、ぼくに似たタイプなら効果が出ない」と振り返り、

 

「勉強しなくても何とかなった。最悪、子供が就職できなくても家族で会社を作ればいい。楽観的な考えなので、言わない方向になりましたね。

ただ、ぼくの父親像はまねしたらだめ。特殊な環境だし。これ、本気で言ってます」と笑う。

スポンサーリンク



■“ノリ”で作ったラーメンがヒット…したけれど

人気アイドルとして活躍する河相さんが印象に残っている人も少なくないだろうが、芸能人としても波瀾(はらん)万丈だ。

 

「もう、やめようと思うとやりたい仕事が入る。偶然、ここまできたんです」と謙遜する。

 

不登校児だった。兄の勧めで10歳で児童劇団に入った。

 

「芝居も下手、平気で2時間遅刻する。全体的に不適合者でしたね」

 

それでも、オーディションに受かり役者人生がスタート。芸能事務所にも所属し、アイドルとして人気を博する。

 

「髪はぼさぼさで、ずっとゲームをやっていた、眉をひそめられるようなタイプだったのに、人生が好転して、女性から

 

キャーって言われるようになった。自分のなかではアイドルになった意味が分かりませんでした」

 

大きな会場でコンサートをやった。当時の所属事務所の社長に「あれ(客)は全員サクラ」と言われ、信じていた。

 

それぐらい自分の人気には懐疑的だった。バラエティー番組でも活躍したが、「コメントがうまく言えないのにお金をもらうのが申し訳なかった」。

 

事務所社長から「30歳になったら役者の仕事がなくなる」と告げられた。バラエティーの仕事を減らしたせいか、事務所の経営も悪化した。

 

そこで、ラーメン店の経営に乗り出した。「ノリで味付けを決めた」ラーメンだが、大ヒット。しかし、店をめぐって事務所ともめてしまう。

 

「ブログに書けないトラブルもたくさんありました。でも、自分の直感を信じているので、不安になることはありません。楽観的すぎるといわれますが、これで42年間生きてきたので」

 

■「自分を信じる力が半端ない」

 

この河相さんのポジティブシンキングぶりは、ブログでも明かされている。

 

「なぜ、学校の勉強が超絶出来ないのに42歳まで特に問題なく生きてこれたのか」という投稿では、「自分を信じる力が半端ない」と説明する。

 

母親の仕事の関係で中学生の頃から1人暮らしをしていた。

 

「親の価値観が入ってこなかった。自分で判断して決定する経験を積み重ねた。だから、ほかの人ならやめておこうって思うこともやってしまうんです」

 

しかしこれが、新しいことにチャレンジする力になった。

 

「親から『だめだ』と止められると自分で考えられなくなる。でも、自分のなかでこみ上げてくるものがあって心のままに行動したことで、身につくものがある。

それに、ぼくは頭で考えてもロクなことにならない」と断言する。

続きはコチラ・・・転載:Yahoo

ホント、この人面白い!

 

自由な発想と直感!

 

好きすぎる!

スポンサーリンク