Pocket

スポンサーリンク




「銃夢」のハリウッド実写版「Alita: Battle Angel」の予告編が公開、アニメ風の巨大な目に違和感?

「銃夢」のハリウッド実写版「Alita: Battle Angel」の予告編が公開、アニメ風の巨大な目に違和感?

木城ゆきとによるSF漫画「銃夢」を題材にした実写映画「Alita: Battle Angel」の最初の予告編が公開された。

「Alita: Battle Angel」の監督を務めるのは、「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。

 

「銃夢」の実写映画は、ジェームズ・キャメロンが2000年代から関わっていたプロジェクトだ。

 

一時期はキャメロンが監督を務める計画もあったが、「アバター」などの作品に時間を取られて延期が続き、2015年になるとロバート・ロドリゲスが監督として浮上した。

 

Varietyによれば、キャメロンはもともと自身が手がけた

 

「Alita: Battle Angel」の脚本の手直しをロドリゲスに依頼しており、脚本の出来に満足したため、監督も務めるよう頼んだという。

「銃夢」は記憶を失った全身サイボーグの少女ガリィ(英語版ではAlita/アリタ)を主人公としている。

 

公開された予告編では、上半身だけの状態でスクラップの山に捨てられていたサイボーグの少女アリタが、

 

クリストフ・ヴァルツ演じる科学者に助けられ新しい体を手にする様子や、

スポンサーリンク




地元の少年ユーゴ(キーン・ジョンソン演)と町を自転車で走りまわる様子、

 

サイボーグの敵と戦っている姿などが描かれている。

 

予告編を見ていて気になるのは、なんといっても「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム並に大きい目をしたアリタだ。

 

アリタを演じているのは人間(「アメリカン・ホラー・ストーリー: 呪いの館」などに出演したローサ・サラザール)なのだが、

 

原作の姿に近づけるためか、CGIで目を大きく加工しているようだ。

 

3Dアニメならともかく、

 

普通の実写映画に巨大な目をしたキャラクターがいるとかなり違和感があるが、

 

Twitterでもこの点を指摘する人々が続出。

 

「不気味だ」「アニメの目を現実にするとこうなるのか……」といった声が上がっている。

 

こちらはBuzzFeed Newの映画ライターAlison Willmoreのツイート(「アニメ風の目をしたヒロインは狂気じみている」)。

 

とはいえ、この点を除けば、かなりクオリティが高い実写映画に仕上がっているように見える本作。

スポンサーリンク




全米での公開は2018年7月20日。日本での公開はまだ発表されていないが、続報に期待しよう。

 

転載:Yahoo