國森桜が劇団4ドル50セントのセンター抜擢理由は?高校や彼氏の噂は?
Pocket

劇団4ドル50セントの國森桜に注目!

 

秋元康があたらしくプロデュースする劇団「4ドル50セント」の舞台が披露された。

 

劇団員の中で、派生ユニットを組んで、更にその中でセンターを務める國森桜!

 

注目である。

 

國森桜は、まだ高校3年生ということ!

 

國森桜の水着画像が前田敦子に似てる?広島twitterに彼氏の影?

 

なんと、まだ演技や舞台の経験はないフレッシュな人材だ。

 

秋元康プロデュースということで、自然と注目度は高かった。

 

今後は歌手や役者として活躍する可能性が高い!

 

そんな國森桜いついて調査してみたぞ!

スポンサーリンク



國森桜プロフィール

 


1999年4月2日生まれの18歳。

 

身長155センチ。

 

鼻がちょっと丸みを帯びている感じが個人的なチャームポイントだ!

 

本人らしきSNSに高校のヒントが載っているようだ。

 

そこには「瀬戸内高校」と書かれていて、芸能系の高校ではない。

 

2017年9月現在、高校3年生なので、3月に卒業予定だ。

 

出身地は広島県で、派生ユニットのセンターを務めている。

 

17歳の時にホリプロ×PANTENE(P&G)×Huluのスカウト企画

 

「あなたの街のイチオシ美少女グランプリ」のファイナリスト4名に残った、という実績がある逸材。

 

元々はモデル志望で、演技やダンスが苦手、という事だが、

 

そんな状況でも派生ユニットのセンターの座を勝ち取るんだから、

 

演者としてのポテンシャルは相当高いはずだ!

スポンサーリンク




現在は高校3年生で、広島出身で、お披露目会ではかわいらしく標準語をしゃべっている様子があった。

 

でも本当は、バリバリの広島弁なんだと思う。

 

可愛い子の方が方言も似合うしかわいいのは、福岡博多美人が証明済み(個人的な目線)。

 

早くもアイドル並みにかわいいと話題の國森桜。

 

芸能界に興味を持ちだしたのは、高校1年生の時なそうな!

 

雑誌のモデルを見て憧れを抱いたのだとか。

 

いいですな~。

 

憧れに近づく美少女!

 

で、勝負するなら東京都決めていた國森桜は、

 

焼き肉店でのアルバイトでお小遣いを稼いで、広島から東京に遠征しオーディションを受けたらしい。

 

國森桜の水着画像が前田敦子に似てる?広島twitterに彼氏の影?

 

凄い行動力だ!

 

夢への原動力だ!

 

素晴らしいっす!

 

演技も未経験でダンスは苦手という國森桜さんがセンターに抜擢されて、プレッシャーも感じているようだ。

 

だが、彼女の内気な性格や苦手分野があるところなどが、うんAKBの初期のセンターを彷彿させる。

 

そんな荒削りな部分の伸びしろがアンバランスな魅力へと変わる!

 

そんな気がするな!

 

國森桜は、マーチングバンドの経験があるようで、金管楽器もできるらしい。

 

フルートやクラリネットもふけるようだ。

スポンサーリンク



センター抜擢はなぜ?

 

性格は、気分屋でわがままでめんどくさいタイプだと!

 

そんな風に自分自身で言っていたようだ。

 

未完成の魅力が輝かしい未来への布石!

 

まだ高校3年生。

 

多少手間のかかるタイプの方が印象的なはずだから、それもまたいいな。

 

劇団「4ドル50セント」の名前の由来とは?

秋元康がコラボプロジェクトとして全面プロデュースする劇団「4ドル50セント」だが、名前の由来は何なのだろう?

 

調べていくと、こんな風な名前の由来が!!!

 

5000人の中から選ばれた男女混合劇団員31名!

 

11月3日からの初舞台をやっているようだ。

 

27歳半ばで亡くなり、伝説となったロックミュージシャン、ジャニス・ジョプリンの死の傍ら

 

「4ドル50セント」が握られていたという実話から「ジャニス」に代わり夢をつかむ!

 

という意味で秋元康が命名したそうな。

なので、劇団のテーマも「泥くさく汗まみれに」と、コンセプトを秋元康さんも考えているようだ。

 

若さ故の輝きと、泥臭い光と影。

 

鈍く光った道標の眼前の光景にて何を掴む?

 

注目です!

スポンサーリンク



國森桜の彼氏の噂は?

 

彼氏の噂なんだが、色々調べてみたところ・・・

 

今現在の噂はないですな。

 

ただ、劇団内の恋愛は禁止されているとの事だから、多分無いだろう。

でも、アイドルではない。

 

劇団外での恋愛についての決まりは存在していないそうだ。

 

まとめ

 

今後だな。

 

有名になっていく最中、時間とともに色んな出会いもあるだろう。

 

週刊誌的にはすっぱ抜かれる事もあるだろう。

 

それは本人の自由である。

 

人生は自分のもの。主人公は自分自身。

 

だから、色々と経験して輝いていってもらいたいな!

 

活躍を注目していこう!

スポンサーリンク